2010年11月

2010年11月30日

元気になろう!

「元気になろう!」って、なんだか健康食品やサプリメントみたいなタイトル

私は良く他の方達から、
「いつもパワフル元気ですね」と、言われます。

でも、実は全然パワフルじゃない。。。ホントですよ

体力的にも、あんまり丈夫では無いし。。。
骨も弱いし、骨折や骨にひびが入るケガなんてのも、何度も。。
これでも、落ち込むことも数知れず。。。

なんですよ。

詞なんか書く時にも、まず
「あー!なんて才能ないンだ私は、これじゃ素人レベルじゃぁー
なんて所からスタートすることもしばしば。。

でも、この下向き気分オーラ、自分のまわりに発散しても ちっとも好いことがない。
特に、人と接する時や外に出た時、下向きオーラを出しながら、もう一度改めて、まわりと自分を比べて
「あー、自分は今疲れているんだ、ホントに落ち込んでるんだ」
と、確信してしまう。
そうすると、よりいっそう落ち込んだり、疲れてしまってやる気がなくなる。そんな気がしています。

どんより暗く重い雰囲気のオーラを出していたら、まわりも気分が上向きにならないですよね。
下向きオーラの感染は広げないように。。。。

イエ、でも誤解しないでください。”まわりの人に自分を押さえて一生懸命明るく振る舞う”
と、言っているんではありません。
の気分の時にそんな無理したら、ホントに疲れてしまいます。

そうではなくて、疲れていることの原因、落ち込んだことの理由から少し目を放してみる。
角度を変えてみる。
全然関係のない事をやってみる
忘れたふりをしてみる

これ、元気になるコツだと思います。

助かることに、私の仕事は物事を外に表現する仕事。
声を出すことも、歌を歌うことも、台詞を言うことも、皆さんの指導も腹式呼吸で声をだしでやりますから、
気がつかないウチに、かなりの発散になっています。

身体が疲れているなら、寝て休む それが無理なら、せめて美味しいものや好きなものを食べる。

気持ちの切り替えは難しいですね。
私の場合は、立ちなおり用の曲と、
立ちなおり用の映画があるんです

この二つで復帰のきっかけを作ります。

反対にこの曲や映画を見たいなあ。。。
と言う気持ちになった時には、
「気分が疲れているんだぁ。」
の、バロメーター

どうですか?
”元気になろう!”
のきっかけのもの、見つけておきませんか?

思いつかない方は、
だまされたと思って、
30分くらい、好きな歌をいろいろと歌ってみてください。
さっきより、元気な気分になるはず


そして、もう一つおすすめはこんな曲。
昨日レコーディング、本日、配信開始されると言う、向谷倶楽部ならではのこのアルバム。
中嶋ユキノさんの素直な歌声と、説得力のあるリアルな表現は、
”音楽っていいなあ”
と、改めて感じていただけるはず!
そして、元気になりたい方には、
アルバムの中の、”斜め45度” と、言う曲がお勧め!
ダウンロードのみの販売です。
現在、iTunesチャートで、一位獲得中

ユキノちゃんの歌、ホントに良いです。
これからが楽しみ

アイシテルの言葉  by 中嶋ユキノwith向谷倶楽部
http://itunes.apple.com/jp/album/aishiteru-no-kotoba/id406902753?ign-mpt=uo%3D4







musashis9 at 01:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年11月26日

猫のボーカルユニット???

私の事務所には、所属タレントとして、なんと猫のボーカルユニット、

「MUSASHI'S」(ムサシーズ)
と言うグループがいます。。。。
いえ、冗談のような、マジな話。。。。

なんと,
過去にはTBSの昼のドラマの主題歌まで歌ったことがある。。。。
これも、ウソのようなホントの話。。。。

写真集やフォトエッセイも出版している
5匹の個性豊かな猫達です。
メンバー全員の濃いキャラクターをなんとか、楽しく面白く表現できないものか
と、飼い主の私達が思いついたのが。。。。

なんとも、無謀な ”猫に歌わせる ってこと。。。
ホントに、ムチャな。。。
と、改めて気がついたのは、
猫の前にマイクを立てた時でした。。。
(まったく、遅い

でも、後には戻れない。。。
私達はプロだ って思ったわけでは無いけれど。。。。

途中で諦めることは出来ず。。。

音楽の仕事に携わってウン十年。。。
いままで、かつて無かった、
長時間、何日間にもまたいだ歌入れレコーディング作業になったのでした。。。。

まあ。そういうわけで、

猫が歌うクリスマスソング
皆様、今年もそろそろの季節になりました。

是非、お聞きくださいまし。
なんでも、

来週NHKの番組でも紹介されるらしい。。。。
詳しい情報は、またお知らせしますね

なんと、この動画世界中で140万件以上のアクセスがありました。


この、シャンプーバージョンが来週紹介されます



Musashi’s book(2008)
Musashi’s book(2008)




musashis9 at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)猫のこと 

2010年11月22日

先生達も練習と勉強です。

先日、ろう学校や小学校の先生達に呼吸法と声の出し方の講義、と言う勉強会が有りました。
普段は、子供達に”先生”と言う立場で、勉強や様々なことを指導されている先生方。

反対に,何かを教わるのは、学生時代以来の久しぶりの体験
ご指導する私の方も,少し恥ずかしいような。。。。くすぐったい感じ。。。。
さて、どんな様子になるかな

でも、それも先生方には新鮮な出来事に感じて頂けたようです。
とても熱心に取り組んで頂き、質問の嵐
時間を大幅に延長しての、楽しい講義になりました。


遠くは仙台からの先生も参加です。
普段,聞こえに障害を持った子供達に接している先生は、子供に少しでも聞こえるようにと、
大きな声を出して、一生懸命ハッキリ話そうとしています。

普通の小学校の先生よりも、”話す” 事に体力を使うことになります。
それだからこそ、
話す為の呼吸や、声の出し方、そして子供にとって聞き取りやすい言葉の発音が
重要になって来ます。

だって、ろう学校の子供達はそれを聞きながら、話し方や発音、
会話の仕方を覚えて行くことが、多いのですから。。。
先生達の声の出し方や話し方は大切です。
先生達の,身体や声帯の負担をなるべく軽くするためにも、
無理のない、”正しくちゃんと声のでる出し方”が必要なんです。

聞こえに障害のある子供達は、なかなかダイレクトに自分がどんな声を出しているのか、
どんな発音をしているのか、
自分の耳で聞いて確かめる事が、困難です。
長年、発音の指導をしている先生方が、とても苦労をして来た部分です。

先生方が ”正しくちゃんと声のでる出し方” や ”正しい発音” を身につけて頂く事は、
子供達にとっても、プラスになる事のはず
と、私は考えています。

今回のワークショップスタイルの講座、先生達は今まで自分では気がつかなかった,姿勢の歪みや、歩き方のクセ、
口を開ける時のクセの指摘に、
「えー!知らなかった。本当だ、僕曲がって立っていますね!!」
そして、
「楽だと,思っていた姿勢や発声が,自分に負担をかけていたんですね。。。」
と、大驚き

沢山の子供達の前に,立ったり、親御さんの前でお話ししたりする先生。
立ち姿や、歩き方だって重要

先生同士でも、見合いながら再確認
「あー、子供達にも教えてあげたい。」

「次回までに、腹式呼吸の練習と声の出し方の練習しなくちゃ


と、話されていました。


この先生達へのワークショップ講義は、今後も続ける予定です。
もっともっと広がると良いのですが。。。
















musashis9 at 21:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0)呼吸法 | 発声

2010年11月14日

変声期の声

男の子には、思春期に変声期があります。
年齢で言うと、だいたい13歳から17歳くらいの間、中2から高校2年生位の間です。
もちろん、その間ずっと変声期な訳ではなく、いつ変声期が来るかは、そのひとそれぞれで違いますし、
期間もまちまちです。

実は女の子の声だって、変化があるんですが、その話しはまたいつか。。。。


変声期は身体の成長と深い関わりのある事なので、
成長期が早めに来て、グーンと体格が変わる人は変声期も早い年齢で来ます。
私の経験だと、夏休みなど、急に身長が伸びて男っぽくガッチリ成長した男の子は、
同じ時期に変声期もあり、比較的短い期間で終わるように
思います。

変声期には、声がしゃがれたり、スムースに出にくく重く感じたり、と、
本人にとってはかなり鬱陶しいもの。。。

喋るのが、面倒に感じるような時期ですね
変声期の期間がジワジワと続いて、治まったかな?
と、思うとまたなんだか調子が悪くなったり、
何回かそれを繰り返す人もいます。

声の変化の仕方も、大きくガラッと変わる人と、前の声と聞き比べないとハッキリ解らない程度の人も。

変声期には、声が出ないので歌うトレーニングや声のトレーニングは出来ない。
と言う方もいますが、

私は、逆にチャンス
変声期後の声作りの時期
だと、考えています。

シンガーのレッスンも、俳優さんのトレーニングも変声期にもどんどんやります!
ただし、トレーニングの方法は普段とは違い、
とても慎重に進めます。

一般に男の子達は変声期の声の調子が悪い時期に、無理矢理声を使うと、悪いクセのある出し方を身につけてしまったり、
声、声帯を痛めてしまったりしてしまいます。
変声期には、”変なクセを付けない” という、トレーニングが必要です。

そして、喉を痛めないように無理のない音域の中で、声を出す。
声帯をなるべく開いて声を出すクセをこの時期に、身体で覚えていきます。
変声期の声の調子は、日々変わります。
風邪をひいたわけでも、前の日に声をいっぱい出したわけでもなく、
昨日出た声が、今日は出ない。。。。なんてことも毎日コンディションが変わります。

その様子をしっかりケアしながら、トレーニングを続ける事が大切です。

実は、このブログでも何度か登場した中学生でデビューした、牛島隆太くん
http://tearbridge.com/ushijima/index.html

いま彼は高校一年生の16歳になりましたが、
はじめて会ったとき、まだ彼は変声期前でした。
デビューに向けてのトレーニングを始めましたが、

”さあ、大変だ変声期を乗り越えながらレコーディングだ

と言う感じでした。

歌いにくくて、悔しさを感じたり、
彼の声の特徴の音色や、今まで出た音の高さが出なくなるのでは
と言う、不安が有ったことと思いますが、
隆太くん、頑張りました
負けず嫌いで、前に進みたいと言う気持ちが、大きかったですね
休まずにトレーニングを続けこのごろは、変声期も落ち着いてきました。

高い音のキイや音色を保ちつつ、前よりも太いしっかりとした声になって来ました。
まだまだ、いい声になる予感
皆さんも今後の牛島隆太くん、楽しみにしていてください。


さて、いよいよ明日は下記講座の開催日。受講者の方にお会い出来るのを楽しみにしています!
どうぞご参加下さい。

三日間特別講座『腹式呼吸と正しい発声』

という講座を開催することになりました。

1レッスン 90分。
少人数の方を個別に指導、確実なスキルアップを目指します

少数定員レッスンですので、ご希望の場合はお早めにお申し込み下さい。
詳しくは
宮地楽器MUSIC JOY神田店 まで。。。
http://www.miyajimusic.com/school/kanda/
















2010年11月05日

”音楽ももろもろ裏話”トークUST

気の合う人、一緒にいてもなんとなく気が合わないと言うか、
いつまでたっても打ち解けない人。。。っていませんか

しまいには、この人は自分と話す事がイヤなのかな?
と、心配になります。
普段、歌を教えたり、詞を書いたりという仕事の他に、
言葉表現や自分表現の指導をしてる私でも、
プライベートのとき、戸惑う事は多くあるんです

学校やサークル、同じ会社であれば、何度か会っているうちに。。。とか、
いろんな事を、一緒に体験しているウチに、だんだんとお互いが解る事もあるけれど。。。

でも、初対面の印象はなかなか変わらない物ですよね、、、、。普通は。

で、私はいつもどうしているかと言うと
なるべく先に、「私ってこういう人ですって表現して見せてしまう。
相手が、おそるおそる、「初めまして、あなたはどういう人?」と、心の中で探っている様子を、
いち早く関知しちゃう

そうすると、相手も安心して、打ち解けてくれる時間がはやくなるんじゃないかな
と、思っています。
もちろん、それで反対に相手から「ヤダ!この人とは合わない!!」と、
思われる事だって、きっとあると思うけど。
それは仕方の無いこと。
そして、もしも気が合えば、親しく仲良くなる時間がアッと言う間に来る

話しは変わりまして。。。
先日、音楽仲間3人と、トークUST番組を配信しました
普段はちょっとみられない、舞台裏の話しや、レコーディングの失敗談などなど。
気の合う4人で話題が爆裂しています。
でも、時々、我に返ってまじめなレクチャーも。。。(すみません時々です
この4人。性格もバラバラ、キャラクターもバラバラですが、
会うと話しは盛り上がる。。。

実は私は笑いすぎて、番組配信中も、ずっと涙流していました
録画のアーカイブで、皆様もご覧になれますので、是非下記サイトで!

http://www.ustream.tv/recorded/10578927

次回配信もお楽しみに
DSCN0104



お知らせです

来る11月14日、27日、12月4日の3日間。
宮地楽器神田店におきまして、

三日間特別講座『腹式呼吸と正しい発声』

という講座を開催することになりました。

1レッスン 90分。
少人数の方を個別に指導、確実なスキルアップを目指します
クラスは2クラス.どちらかご都合の良い時間をお選び頂けます。

少数定員レッスンですので、ご希望の場合はお早めにお申し込み下さい。
詳しくは
宮地楽器MUSIC JOY神田店 まで。。。
http://www.miyajimusic.com/school/kanda/










musashis9 at 01:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0)