2013年05月

2013年05月22日

腹式呼吸と正しい発声講座・2日間集中講座です!

お待たせしました!
なんとなんと今年始めての、
「腹式呼吸と正しい発声講座」開催です

しかも、まだちょっと先。。。。
7月の開催ですが、今回は2日間続けての2回講座の開催ですので、
早めにお知らせしちゃいます

日時:7月13日(土)・14日(日)の2日間
   13日18時〜20時
   14日14時〜16時

場所:宮地楽器MUSIC JOY神田

受講費:30.000円(2日間で)

☆2日間の講座となりますが、以前この講座を受講されたことのある方は、
 どちらか一日のみでも、受講可です。

お問い合わせ、お申し込みは下記サイトから
http://www.miyajimusic.com/school/kanda/detail.php?a=1&tpno=11

呼吸・姿勢・発声・基本の言葉の発音などなど、
プロの方達でも、解っていてもきちんと習得出来ていなかったり、
いつの間にか変なクセが付いていたり、正しく身体が覚えていなかったり。。。
と言う、意外と難しい腹式呼吸。
そして、何のために腹式呼吸を必要としているのか?
を知らずにいたりと、いままでなんとなく見過ごしてきた基本を
この機会に、是非見直してみませんか?
声を使うプロの方はもちろん、それ以外のみなさんにも是非覚えて頂きたい内容です。
呼吸や姿勢を無理なく正しく習得することは、自分に負担をかけないだけではなく、
見た目にも、グンと変わる
そんな、効果があるんですよ

☆以前受講されて、忘れちゃった方、もう一度確認をしたい方も、どうぞ


musashis9 at 19:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0)発声 | 腹式呼吸

2013年05月21日

声だけでもないし。。。

歌の上手さって、何でしょうね。

声が出ること?
声が大きく声量があること?
リズム感やビートが良いこと?
音程が良いこと?
声が綺麗なこと?
声の音色が良いこと?

もちろん、ぜ〜んぶ関係がありますよね。
これらを全部クリアすることはそう簡単な事ではないかも。。。
ですが、
でも、まだこれでは
「歌が歌える」
と言うレベル。。

「歌の上手さ」
となると、やはりもう一つレベルが↑。
最初に並べたことに加えて、
もう一つ大切なのが、聞いている側に
「どれだけ歌からの想像やイメージをさせることができるか?」
と言う事だと私は思っています

歌を歌うと言う表現のパフォーマンス。
この曲の世界と言葉を表現することと、これを伝える力。
この力が、歌の上手さに繋がります。

これは、声が良く出るとか、
良い声、綺麗な声、というものとはちょっと違う話。

声をベストの状態にすることは大切、そして、
音程やリズムを正しく歌う事も、もちろん無視してはいけないこと。
でも、それだけでは上手な歌い手、いい歌を歌う歌い手には
まだ、届いていません。

う〜ん。奥が深いぞ



2013年05月12日

歌のお話。”Aメロ”

歌物の楽曲の構成は、多くの場合イントロのあと、Aメロと通称言っている、
曲のプロローグのメロディーがあり、
その次にBメロと呼ばれるサビへのブリッジの役割をするメロディー。
そして、
その曲の一番盛り上がる部分のテーマのメロディーCメロのサビの部分。
と言う作られ方がされています。
進行としては、
1番ーAーA'ーBーC、2番ーA'ーBーCーC'
もしくは、大サビと呼んだりす、Dメロが加わる
1番AーA'ーBーC、2番A’−BーCーD−A
また、前サビのパターン。
1番CメローAメローBメローCメロー2番Aメロ
などか、多いパターンですが、
この、A,B,Cと言っているのは、音楽用語ではありませんが、
進行を示す記号表示として使われています。

前置きが長くなっちゃいましたが、
歌を歌う人で、よくサビのメロディーばかりを練習する人がいます。
”サビが命!”って感じで。
もちろん、聞いている人だって印象に残って、一番最初に聞き覚えるのは、
サビのメロディーですね。
でもね、
実は同じくらいに重要なのが、
Aメロ
とくに歌の歌い出しのAメロの8小節ですよ
この歌の出だしで、その人の歌、その曲を聞く気にさせる。
興味を持ってもらい、その曲に聞き耳を持たせて、歌を聞くことに集中して貰う役割があるんです。
その歌や曲に心を向かせて貰う。
そうすると、その後に歌うサビの部分の歌やメロディーがいっそう生きて、
サビの印象と効果がいっそう出るんです。

じゃあ、Aメロを上手に歌うにはどうしたら良いか?
もちろん、秘訣やコツはいろいろ有ります。
その歌い手さんの、声の質や音色、キャラクターや個性によっても違いますが、
まず、大事なことは、
音程の確かさと、言葉の表現力です。
Aメロの音程の確かさ、というのは実はみんなが見過ごしているところ。
普通、あまり高い音程や音符が3度5度と言った離れたメロディーラインになっていない事が多いので、Aメロの音程ラインを意識しないで歌ってしまうことが多いのです。
でも、曲の出だしのメロディーである、この中低音域のメロディーラインをきちんと捕らえることは、
とっても大事
もしも、心当たりのあるかたは、
今日から、ちょっと練習方法を見直して、
Aメロ、大事にしてみて下さい。
そして、Aメロをどう歌うかで、
その人の個性や表現力を表すことが出来ます。

大事だぞ
奥が深いぞ
個性の表しどころ、
上手さ、表現力の見せどころ、
それが、Aメロです











musashis9 at 05:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年05月02日

さくら咲く(やっと・・・)

今年は、天候が変。。。って、
なんだか毎年言っているような気がしますけれど
今年は本当に寒い春
初夏のような気温になった次の日に、急に冬のような寒さ
今日は、北海道では雪が降ったと。。。。
5月なのに、ウチの辺りの山にも雪が残っていますw.

雪山写真-91


さて、GWの真ん中ですが、私の住む場所でも、
やっと、やっと、桜がほぼ満開になりました
桜1写真-89

でも、お花見には寒ーい

桜2写真-90










皆様、この気温差で、体調など崩さないように気をつけて下さいね