2017年05月

2017年05月19日

”ボイスメンテナンス”レッスンの薦め

声を使う方、歌を歌うアーティストの方達でも、ボイストレーニングやボーカルトレーニングというレッスンは経験したり、聞いた事があるかと思います。
でも、「ボイスメンテナンス・レッスン」と言うと、一瞬「???」と思う人も多いかも。
私は、ボーカルディレクションやボイスプロデュースに携わっていますが、声や歌を上手にディレクションすること以前に重要なことは、姿勢や呼吸から見直し、声帯や身体に無駄な負担をかけないようにすることを重要視しています。
つまり、声を使う方、歌を歌うアーティストにとって、一番大切なのが、ボイスメンテナンスそして、
「ボイスメンテナンス・レッスン」なんです

身体が楽器であり、身体の部位を使って発する「声」に、一番大切なことは、
自分の楽器を上手に使いこなし、思い通りに鳴らす為の、日頃のトレーニング、
そして、同じように大切なのがボイスメンテナンス・レッスンです。
メンテナンスとは、ウガイや乾燥から喉を守るなどの実際のケアはもちろんのことですが、
もう一つとても大事なことが、
使い慣れているはずの声の発声や声の使い方、歌い方の癖をリセットして、
負担のかからない状態に戻すことです。
とくに日常から長年にわたり声を使ってるプロの人達は、改めて呼吸法や発声、声の使い方などを見直すことは、少なくなってしまいます。
でも実は、気がつかないうちに身についてしまった、呼吸の仕方や発声、声の使い方が、
くり返す喉のトラブルや、声帯ポリープ、声帯血栓の原因になってしまうことが大変多くあります。
これらのトラブルが起きたとき、まず一番には、適切な治療をすることが一番です。
でも、トラブルが治っても、同じ発声や声の使い方をしていれば、鉛筆ダコが出来るのと同じように、また同じようにポリープや声帯血栓を引き起こすことをくり返しかねません。

最初に「身体が楽器」と書きましたが、年齢や体重変化、季節の変化、体調の変化で、声帯の状態は常に変化します。
20歳の時と30歳では、当然身体の様子も違うし、声帯や声帯まわりの筋肉の様子も違います。
そうそう、歩き方だって違うんですよ。
さらに、風邪をひいた覚えや喉を痛めた覚えがないのに「なんだか、高音の声が出にくい、擦れる」「低音が安定しない、響かない」などのコンディションの良し悪しの変化に対応しながら声を使うことで、いつのまにか声帯に負担のかかる状態になっていることも多く有ります。


「ボイスメンテナンス・レッスン」では、身体の歪みや重心の取り方を修正し、正しい腹式呼吸、そしてその呼吸での発声などを修正します。特定の曲でついてしまった声の使い癖や、言葉の発音癖などもリセットし、身体の余計な部分に力を入れる癖などもリセットします。
また、歌を歌う時のブレスのとり方、タイミングブレスなどを意識して修得することで、負担が少なく無理のない声の音色や響きを使い、フラットな状態に戻し、思い通りの表現を出来るようにしてゆきます。

春から夏にかけて、ライブツアーやイベントが多くなる季節です。
リハーサルやトレーニングだけではなく、
声と長いお付き合いが出来るように、もちろん声を使って表現する俳優さんや、声を使う全ての方、
「ボイスメンテナンス・レッスン」を定期的に取り入れてみてください。


「ボイスメンテナンス・レッスン」のお問い合せは、下記メールアドレスにご連絡ください!
 info@sidekick-inc.com