2019年03月

2019年03月31日

ラジオ出演のお知らせ!

ラジオ生出演のお知らせです

4/1(月)YBSラジオの午後のワイド番組「キックス」の中の「気になる人にズバリ!聞ックス」のコーナーに生出演します!
パーソナリティーは梶原しげるさん😄
14時10分頃からの出演です。
言葉の表現ボイスエクスプレッションのお話、
CDリリースやライブの告知もたっぷりさせていただきます!
是非聞いてください!

詳しくは下記HPからもご覧いただけます。
http://sidekick-inc.com/2019-4

番組ブログです
http://www.ybs.jp/radio/kikkus/

musashis9 at 02:54|PermalinkComments(0)

2019年03月28日

何を伝えたい?ボイスエクスプレッション

このところ、音楽活動の話題が多くなっていましたが、
今日は、私の一番大切にしている基本の部分。
「ボイスエクスプレッション」に触れたいと思います。

ボイスエクスプレッションとは、あまり聞きなれない言葉かもしれませんが、
直訳すると、「声の表現」もしくは「声の表現力」になります。
でも、それだけの意味で使っているのでは無く、
ボイスには、声、だけでは無く、”意見・言葉・主張” という意味もあります。
私は、『ボイスエクスプレッション』という言葉の意味を、
「自分の意見、考え、主張を伝える表現力」 という意味をもたせて使っています。

言葉でも、意見でも、そして気持ちや感情でも、一方的に言うだけでは、
本当に伝えたいことが相手に伝わるかどうか、わかりません。
口語言葉というのは、一方行のコミュニケーションではなく、受けて側の相手がいる、
双方コミュニケーションです。

どう言えば相手に伝わるか、自分の感情や感想もどのように言えば表現できるか?
そんなことを意識することが、実はとても大切だと思います。
もちろん、伝え手側がどんなに正しく分かりやすく声や言葉で表現して伝えても、
受け手側の理解力や感性、その時の状況によって、思うように伝わらないことは多々あります。

「そんなつもりじゃなかった」とか「そんな言い方はしていない」とか、
どうも、自分の意思とズレてしまって相手に伝わっていたり、理解してもらえなかったり、
などという経験、ありませんか?
自分の思っている通りに、言葉や会話、声が発せられていますか?
ためしに、携帯の録音機能を使って、自分の会話を録音して聞き直してみてください。
きっと、その時に自分が思っていたよりも、ぶっきらぼうだったり、
抑揚がなかったりしていないでしょうか?
そう、自分が思っていたようにはなかなか外には発せられていないことが、とても多くあります。

伝えたいこと、表現したいことを相手に伝わるように言葉で発するには、
まず発信者側の自分が、しっかりと伝えたいことをイメージすることがとても大事なのです。
どんなことを言いたいか、伝えたいか、相手にはどう言えば伝わるのか?
受け取った相手側のことを意識することがとても大切です。
”しっかりイメージしてから伝える”
そして、それを伝えるには、言葉を使う以上、
言葉の発音やイントネーション、アクセントも深く関係してきます。

ですから、私が俳優さんや、アーティストのかた、また様々に方達のプロデュースや、ディレクションをする時には、必ず、正しい腹式呼吸法を学んで頂くところからスタートします。
なぜかと言うと、声や言葉を発する為のエネルギー、ガソリンは ”吐く息” だからです。
「息をどう履いて使うか?」と言うことが、声を発することに深く関わりがあります。
ですから、どう言う呼吸の仕方をするか、と言うことがとても重要なんです。

これらの詳しいレクチャーは、
現在は、電子書籍としての販売になっていますが、
私の著書「声と言葉の表現力アップ術」には、姿勢・呼吸法・50音の言葉の発音という基礎から、
表現力のボイスエクスプレッレッションまで、分かりやくす書いてありますので、よろしければ、是非参考になさって見てください

https://www.kinokuniya.co.jp/f/dsg-08-9984856259




2019年03月18日

ミニアルバム「In my mind」リリース

昨年、ソロ活動を30年ぶりに再開してから、2枚目のアルバム
「In my mind」がリリースになりました。


ミニアルバムジャケ写スクリーン


昨年の9月26日にリリースしました「空の鏡」に続き、
なんとわずか約半年での、スピードリリースですが。
実は、先にリリースした「空の鏡」は完成してから発売リリースまで、一年かかってしまいました。
ですから、私にとっては1年半ぶりのリリースといことになるんです。
「空の鏡」はレコーディング自体に、2年の月日がかかっていますので、
3年半の間に、フルアルバムとミニアルバムの2枚の制作とリリースをしたことになります。

さて、今回の「In my mind」は、前回のアルバムよりもいっそう
ビート感のある、サウンド作りとなっていますが、
私の歌う作品のテーマである、情景が浮かび温度や匂いを感じることができる
曲ごとの物語がある曲。という部分はもちろん変わりません。
それが、歌詞、曲、サウンド、そして歌全てにながれている私の音楽表現の大切な個性。

収録楽曲ラインナップをそれぞれご紹介します。

1、「In my mind」
    作詞・作曲 森 真帆

2、「青空」
    作詞・作曲 森 真帆

3、「水の波形」
作詞・作曲 森 真帆

4、「寂しさの向こう」
    作詞・作曲 森 真帆


の4曲が収録されています。

「In my mind」
 昨年30年ぶりのソロライブが決まってから、
 アンコールに軽快な曲を歌いたい、と思い書いた曲。
 当初、出来上がって来たアレンジがどうしてもしっくり来なくて、
 何度も打ち合わせをして変更をしてもらいました。
 それでもしっくりこなくて、一度他の曲に取り掛かってから、
 改めてこの曲に戻ってサウンドを作り上げていく時には、
 スコーンと抜け出て雲が晴れたように、素晴らしいサウンドに出来上が
 りました。

「青空」
 誰かを想うこと、想える人がいることは、それだけで暖かい。
 だけど切ない、寂しい、不安。そんな入り混じった心情です。
 そして、その人を想う決心、想っていることを自覚するような
 ものを心に決めたら、そこからは少し勇気が出るのかもしれない。
 恋の歌だけど、人の生き様の曲かな。

「水の波形」
 タイトルが難しいですが、、、、
 例えば、心を合わせていたはずの人と人が、だれより自分とは遠くに感じる。
 怒りよりも恨みよりも、言い表わすことのできない、
 胸の中で異物がぐにゃぐにゃと暴れている感じの感情。
 その方がしんどいかな。そして、その行方もわからず、
 どうすることもできない。
 水の中にハラっと落ちた異物の波形が、どんどん輪を広げて大きくなってゆく。
 そんな、人やいろんな出来事と離れ離れになってゆく感じを歌った曲です。

「寂しさの向こう」
 この曲は、はじめてのチャレンジをした曲です。
 バラードは上手く歌うことだけに目的を持ったら、失敗する。
 慎重に取り組まないと。
 いつも思っている私ですが、あえて誤魔化すことができない、
 生ピアノと歌のみの同時レコーディングに挑戦しました。
 ピアニストの方も、私もお互いが足を引っ張ってはいけないと、
 緊張のレコーディングでしたが、
 本当に自分でも魂込めた愛おしい、そしてみなさんに本当に聴いて頂きたい曲に
 仕上がりました。

アマゾン、HMV、タワーレコード始め、各サイトからのご購入、
ホームページから、試聴もできますので、是非、のぞいて見てください!

http://sidekick-inc.com/discography/

渋谷のタワーレコードさんでは、名札入りで出して頂いております!!
IMG_2709



昨年リリースしました、「空の鏡」とこの「In my mind」の2枚のアルバムのダブルリリースライブも
4月15日築地ブルームードで行います
こちらにも、是非是非、いらしてくださいませ


Blue Mood 表 small




musashis9 at 15:51|PermalinkComments(0)