ボイトレって?どんどん、グングン

2011年10月05日

喉が痛いのは。。。−2

わあ!
自分でビックリしました。。。
なんとずいぶん更新をサボっていたこと
ごめんなさい

では、気を取り直して

今までの記事の中で、一番検索が多いのが、
”喉が痛い”とか、”喉の痛み”
について書いた記事。

喉の痛みを感じている人が、とても多いようです。
なので、本日は改めてその喉の痛みについて。。。  


もちろん、風邪をひいた時の症状で、喉が痛くなることは
多いもの。
でも、それはお医者様に行くか、風邪薬で治すしかありません。
原因が風邪など病的なことではないとき。。。
それなのに喉が痛いときの原因と対処方

原因として一番多く考えられるのが、これからの季節とくに注意の”乾燥”
です。

次に考えられるのが、声の使い方や、出し方、発声の仕方が原因
こちらの原因は、呼吸方や姿勢から声の出し方や使い方を改善して
トレーニングをして行く必要があります。

今日は、始めに上げた原因の”乾燥”について。。。。

喉の乾燥、これは気がつかないウチに喉を痛める原因にもなりますから、要注意
夏場は、クーラーの風に注意が必要でしたけど、
これからの秋冬は、
常に、乾燥に注意です。

声などを出している時はもちろん、日常生活でもちょっとしたことに気をつけましょう。
じゃあ、なぜ乾燥がいけないのか

喉は、つねに湿りのの必要な粘膜質の場所。
その湿り気が少なくなり粘膜の”ぬるぬる”が減ってしまうと、声を出すときに吐く息が喉(声帯)をとおるたびに喉をいっそう乾燥させてしまい
喉がサンドペーパーで、こすられた状態になります。
そのうちに、赤く炎症を起こし、悪くすると声を出す度、つばを飲み込む度に喉の痛みを感じるようになります。
もちろん、身体が脱水症状を起こしているようなときにも、
内部の喉も脱水状態です。
こんな時にも、喉のケアが必要です。

直ぐに出来る対処方としては

・ひとまずお水でも良いので、うがいをして喉を湿らせる。
・飴やガムを噛んで、唾液を出す。
・痛みが有るときには、まず冷たいうがい薬の水でうがい。
 (うがい薬が無いときには冷たい水やペットボトルのお茶でも可)

注意したいのは、喉が痛い、パサパサ感のあるときには、絶対に
”ウーロン茶”を飲まないこと
ウーロン茶は、かえって喉のパサパサ感を増やしてしまいます。
ウーロン茶は脂っこい食事時などの時には、向いていますが、
声を出すとき、喉が痛いとき、喉の乾燥感を感じるときには、避けて下さい。

喉が痛いときにお薦めの飲み物は、ハチミツ湯。
カップ一杯のお湯に、ハチミツを小さじ2杯~3杯お好みで溶かし、レモンが有れば、レモンを少しキュッと搾ったものです。
簡単な飲み物ですから、是非、100%純正のハチミツでお試しあれ
うがいに使っても良いですよ

喉に痛みが有るときには、声を出す、話をする事はなるべく控え、喉を休めましょう。
マスクをしていると、話しづらいこともあり、むやみに声を出すことを抑えることが出来ます。

そして、
予防としては、外に出た時にもなるべくマスクをする。
お部屋の中には、これからの季節は加湿器は欠かせません。
夜、眠るときには特にこの加湿器を忘れないで
お薦めは、温かい蒸気のでるスチームタイプ。
部屋の温度も低くならず、お薦めです。

そうそう、このハチミツ、唇の荒れにも効きますよ!
たっぷり唇に塗って、上から暫くラップをしておくと、
特にGood
お風呂タイムにやるのも温湿布状態で、良いですよ。












musashis9 at 00:07│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
ボイトレって?どんどん、グングン