声のお話−① key決めは重要!!今年もビシバシ行きます!!

2012年12月21日

伝える術

何かを表現するって、実は難しいこと。

「表現」って、本来は
自分から側の発信で、
「自分がどう表現したいか?」と言うことは考えても、
その表現したいことや物が、
そのイメージ通りに相手や見た人に伝わっているか?
本当はどういう風に伝わるか?
って、言うことに意識を持っていくことを忘れがち


表現することは自分側のパッションだけど、
その表現が本当に生かされる時は、
相手や回りの人に受け取られてから。。。
つまり、”どう伝わるか?”
と言う事が、重要なポイント

曲の表現、詩の表現、歌の表現、言葉の表現、台詞の表現、
演技の表現、。。。。。

発信した側の表現が、相手のセンスや好み、
感情、思考によって、どう受け取られるか?
どう感じられるか?

100人いれば、100通りの受け取り方があるし、
表現した側とは、まったくちがう反応が出るときだってある。

歌や演技で表現したもの、パフォーマンスをみんなに見てもらう。
そんなお仕事をしている
人達は、自分が表現したいパッションだけではなく、
それが、見た人聞いた人にどう伝わるのか?
どう伝えたいか?
と言う事を、意識していかなければなりません。

たとえ、心から伝えたいと表現しても、
その伝える術(すべ)が悪かったり、解りにくかったりしては、
空回り。

例えばね、
ドラマで役者さんは凄く熱演しているし、その役に思いきり入っていても、
感情表現がオーバーランして、台詞が、まったく何を言っているのか解らなければ、
せっかくのシーンも半減しちゃいます。
言葉の印象って、考えているよりも大きいです。
脚本家さんが、そのシーンしっかりと印象に残る台詞を書いても、
何を言っているか解らなければ、見ている人には伝わらない。。。。
こんなことは、結構多い物です。

「伝える術(すべ)」

もちろん、パターン化された技法を身につけることではなく、
伝えたいことが、どう表現され、どう伝わりどう受け取られるか?
と、言うことに意識を持ち、
自分の表現したいこと伝えたいことが、
なるべくイメージ通りに表現出来るような技術をもつ。
表現者としてパフォーマンスをする、プロフェッショナルには、
とても必要なことだと思います。


さて、年末
早いな。。。
残る日々、カウントダウンライブや、紅白、いろいろと重要なミッション続きです。
23日(日)20時からは、NHK大河ドラマ「平清盛」の最終回です!
語りと源頼朝を努める、岡田将生くんと、一年間語りの稽古をしてきました。
50話、長かった
大河ドラマはじめての若手俳優起用の語り。
時代物の語りとても難しいんです。言葉も難しく登場人物の名前も難しい
プレッシャーだってかなりの物。
でも、彼が語りを努めた意義のある物になるように岡田君は頑張っていたと思います。
最終回、お時間有りましたら、是非見て下さいね
私は、お仕事でオンタイムでは見られませんが、しっかり録画しておきます!










musashis9 at 15:38│Comments(0)TrackBack(0)表現のこと | 伝える

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
声のお話−① key決めは重要!!今年もビシバシ行きます!!