綴り語りVol-1 「タワー」生きている言葉

2013年02月11日

声・喉のトレーニングやメンテナンス

久々に更新です。
ごめんなさい!

今日は、皆さんが誤解していることを書きたいと思います

ボイストレーニングについてです。
プロのアーティストの方や、プロを目指して知る方達が
私の所にいらしてお話になる悩みや目的は様々。。。

・この頃、なんだか声の調子が悪い。
・音域を伸ばしたい。
・声量を上げたい。
・声が擦れる。
・以前歌えた歌が、歌えない。
・歌が上手くなりたい。
・この曲をカッコ良く歌いたい。
・ファルセットが上手く出ない。
・表現力を付けたい。
・個性を付けたい。
・音程が悪い。
・長い時間、声が持つようにしたい。
・歌えるジャンルを広げたい。
・レコーディングでの、歌い方。
・ライブでの歌い方。
・リズムを良くしたい。

などなど。

ほんとうにいろいろなリクエストがありますが、
一番みんなが勘違いしていること
「声や喉の調子が悪いので、ボイストレーニングをする」
といった認識です。

本当に声や喉の調子が悪いときには、トレーニングをするのではなく、
まず炎症があれば、お医者様の治療で、起きている炎症を治す!
そして、元の調子を取り戻すための
ボイスメンテナンスレッスンが必要です

日本では、まだこのボイスメンテナンスレッスンの必要性が、
重要視されていませんが、
これは、本当に大事
声を使う職業の方全てに必要です。

声や声帯の状態は、男女、年齢、体調、気候、体格、環境の全てで変わります。
例え自分が以前と同じように、声を使っているつもりでも、
知らないうちに、無理な力や、悪いクセがついていたり、
痛めていたり。。。

そのまま使い続けていると、声がれや声のトラブルの原因になります。
ボイストレーニングを受ける以前に、このボイスメンテナンスを定期的に受けて、
自分の声や喉の調子をリセットしてあげる必要がとっても大事ですよ

もちろん、声を使いすぎたり、喉の疲れを感じた状態のの時にも、
メンテナンスレッスンを受けて、喉のコリをほぐして下さい。
その方が、声の調子の戻りが早くなります。

そして、
ボイストレーニングは、
自分の声や喉、歌の状態を維持、もしくはレベルアップするもの。
もちろん、このトレーニングの中に声や喉の状態を良くして
維持や向上するための呼吸や発声も含まれます。
トラブルを起こさない声や喉作りです。
ですから声を使う、歌を歌うプロの方達は、
ボイスエメンテナンス・レッスンとボイストレーニングを、
定期的に合わせて受けていないと、
本当のレベルアップ、維持は見込めません。

調子の悪い時だけ、ボイストレーニングを受けても、
その時だけの切り抜けかたにしかならなくなってしまう
ぜひ、ボイスメンテナンス・レッスンと、ボイストレーニングの両方を、
自分のトレーニングの中に取り入れてください

もちろん、プロだけでなく、みんなにも役立つメンテナンスですよ
下記お知らせのワークショップでは、そんなことも学べます


お知らせ
「言葉の発音と表現」ワークショップ
日時:   3月24日(日)14時〜17時(3時間)
場所:   宮地楽器5F バレースタジオ
受講費用: 18,000円(税込み)テキスト代込み
持ち物:  筆記用具、飲み物(ウーロン茶以外)

ワークショップ内容
  ・日本語の50音の発音。
  ・単語や文章を使ったイントネーションやアクセント。
  ・読む、言う、伝える、話す、をそれぞれ意識する。
  ・表現を表し伝えるためのイメージトレーニング。
  ・自分の言葉が他人にどのように聞こえているか、知りましょう。
  ・表現 ー 気持ちを表す、意思を表す、自分を表す。台詞などを使い、
   様々なパターンで表現してみましょう。

☆お申し込み、お問い合わせはメールにて受け付けております。
 info@sidekick-inc.com
 少人数の定員となっておりますので、ご希望の方はお早めに
・お申し込みアドレス info@sidekick-inc.com
 題名を「言葉の発音と表現のワークショップ参加希望」とご明記下さい。


トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
綴り語りVol-1 「タワー」生きている言葉