表現のこと

2019年03月28日

何を伝えたい?ボイスエクスプレッション

このところ、音楽活動の話題が多くなっていましたが、
今日は、私の一番大切にしている基本の部分。
「ボイスエクスプレッション」に触れたいと思います。

ボイスエクスプレッションとは、あまり聞きなれない言葉かもしれませんが、
直訳すると、「声の表現」もしくは「声の表現力」になります。
でも、それだけの意味で使っているのでは無く、
ボイスには、声、だけでは無く、”意見・言葉・主張” という意味もあります。
私は、『ボイスエクスプレッション』という言葉の意味を、
「自分の意見、考え、主張を伝える表現力」 という意味をもたせて使っています。

言葉でも、意見でも、そして気持ちや感情でも、一方的に言うだけでは、
本当に伝えたいことが相手に伝わるかどうか、わかりません。
口語言葉というのは、一方行のコミュニケーションではなく、受けて側の相手がいる、
双方コミュニケーションです。

どう言えば相手に伝わるか、自分の感情や感想もどのように言えば表現できるか?
そんなことを意識することが、実はとても大切だと思います。
もちろん、伝え手側がどんなに正しく分かりやすく声や言葉で表現して伝えても、
受け手側の理解力や感性、その時の状況によって、思うように伝わらないことは多々あります。

「そんなつもりじゃなかった」とか「そんな言い方はしていない」とか、
どうも、自分の意思とズレてしまって相手に伝わっていたり、理解してもらえなかったり、
などという経験、ありませんか?
自分の思っている通りに、言葉や会話、声が発せられていますか?
ためしに、携帯の録音機能を使って、自分の会話を録音して聞き直してみてください。
きっと、その時に自分が思っていたよりも、ぶっきらぼうだったり、
抑揚がなかったりしていないでしょうか?
そう、自分が思っていたようにはなかなか外には発せられていないことが、とても多くあります。

伝えたいこと、表現したいことを相手に伝わるように言葉で発するには、
まず発信者側の自分が、しっかりと伝えたいことをイメージすることがとても大事なのです。
どんなことを言いたいか、伝えたいか、相手にはどう言えば伝わるのか?
受け取った相手側のことを意識することがとても大切です。
”しっかりイメージしてから伝える”
そして、それを伝えるには、言葉を使う以上、
言葉の発音やイントネーション、アクセントも深く関係してきます。

ですから、私が俳優さんや、アーティストのかた、また様々に方達のプロデュースや、ディレクションをする時には、必ず、正しい腹式呼吸法を学んで頂くところからスタートします。
なぜかと言うと、声や言葉を発する為のエネルギー、ガソリンは ”吐く息” だからです。
「息をどう履いて使うか?」と言うことが、声を発することに深く関わりがあります。
ですから、どう言う呼吸の仕方をするか、と言うことがとても重要なんです。

これらの詳しいレクチャーは、
現在は、電子書籍としての販売になっていますが、
私の著書「声と言葉の表現力アップ術」には、姿勢・呼吸法・50音の言葉の発音という基礎から、
表現力のボイスエクスプレッレッションまで、分かりやくす書いてありますので、よろしければ、是非参考になさって見てください

https://www.kinokuniya.co.jp/f/dsg-08-9984856259




musashis9 at 15:34|PermalinkComments(0)

2017年01月01日

さあ、今年は何がまっているでしょう!

新年明けましておめでとうございます。
お天気の良い、穏やかなお正月を迎えました。

昨年は、あまり更新出来なかったブログですが、
今年は、ちょくちょくお知らせなど、更新したいと思います


去年は、私がプロデュースをしました
You-SuKeのミニアルバム「時の音」発売ツアーなどで、
皆様の前で歌ったりさせて頂きましたが、
今年も、引き続き、ライブや歌う事も活動増やして行きたいと思います。

「表現する」と言う事が、私の大事な仕事のテーマです。自身が作詞表現することも、声を出す事も、音楽表現することも、言葉を発することも、
そして俳優さんタレントさん、ナレーターさんへの台詞表現の指導、言葉表現の指導、
アーティストさんの歌の表現指導や、様々な方への自己アピールやコミュニケーション指導、
などなど、ジャンルは様々ですが、私にとっては全て「表現する」と言う事に繋がること。
今年も、様々な表現を勉強して、みなさんに表して行きたいと思います。

今年もどうぞよろしくお願いいたします。


musashis9 at 23:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年07月15日

ごはん

 「ごはん」ってやっぱり基本だと思う。
温かいご飯、美味しい食べ物を作ることは、その家庭と家族のベースと言うか、根っこの部分を作る物。
その家のご飯が食べられる場所が、お家(おうち)。
私は仕事で外に出ることも多いから、全て完璧にやる時間は無いものの、ご飯を作ることは、どんなに疲れていても基本外せなかった。
 息子が小さい時、なにか悪い事をして、「部屋に行って反省しなさい!ご飯無し!」と叱っておいて、時間になると自分ほうがどうしても気になって、後から部屋のドアの前におにぎり置いておいたり。
家の中に一大事が起きても、家族で喧嘩して口をきかなくても、自分は食事が喉も通らない位に落ち込んでいても、ご飯は作ってテーブルにならべた。
「家のごはん」というのが、何事においてもその家庭の基本。
長年の日々のなかで、心や身体に染みわたるもの。と思っていたから。
言葉にしなくても、なんだか伝わるし解る。そんなふうに思っていました。

 
そんな想いは家族でもなかなか伝わらないけれど。。。
でもね、物事は期待や見返りを期待して、自分が表現して伝えるのじゃないから、
期待した通りの反応が得られ無くても、けして落ち込みすぎないで。
自分が伝えたい気持ち、心を表して行くことが大事だと思う。
伝えて表現する事は、やめちゃいけない。自分の為にも。


弁当2CA390411 のコピー

そうそう、ごはんの話しにもどりますが、
息子のお弁当も幼稚園からハイスクールを出るまで、ずっと作っていた。睡眠時間3時間でも、朝5時半起きで。
ただ、“お母さん”としての私には、その思い出は、けして辛い嫌な思い出じゃない。
大変だったけどね(笑)毎日写真撮って、自分を励ましていました
今でも、ニヤニヤしながら思い出す想いで



musashis9 at 14:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年03月21日

ボイスエクスプレッション

本日は、女優さんのボイスエクスプレッションの稽古です。
ところで、
ボイスエクスプレッションの稽古ってなにをするの??
って、方にちょっと説明
ボイスは、そのままの”声”と言う意味と、”意見・主張・考え” と言う意味も含めます。
そして、エクスプレッションは”表現”つまり、”あなたの意見、考え主張を表現として表す”
さらに、”あなたらしさの表現” のトレーニングです。

内容は、というと。。
声の表現はもちろん、台詞表現やアクセント、イントネーション、リズム、スピード、
それぞれが合わさり、エクスプレッション、つまり表現や表情になります。
でも、そのための大切なのは、想像力、イマジネーションとイメージ
この、イマジネーション力とイメージ力を豊かにアップすることが、
歌手や俳優、パフォーマーに、とってもとっても重要で大切な事
だから、五秒連想の単語を言う!なんてトレーニングも

でも、イマジネーション力とイメージ力をつける、これは、俳優達だけではなく、
日常生活のなかでの、コミュニケーションにも、とても重要です。

もちろん、基本の呼吸や発声は毎回の基礎に入っていますよ。

さて、今日は曇り空、でも花粉も凄そう!!
頑張りましょう

I雲MG_6843



musashis9 at 12:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年07月25日

イメージ力のお話(続き。。。)


”想像の自由、そこから生まれるイメージの無限さ”って、
実はものすごい特権を与えられた様な物だと思う。
だって音楽でもパフォーマンスでもアートでも映像でも、
そんな石を”ポン”と投げかけてくれる物と出会ったとき、膨らませ方の半分は自分の感性しだい。
「これは、こういう物です。こうでなけでばいけません」よりも
「これとこれとがあって、あなたにはどう見える?」どう感じ取る?」
と言う、想像の間(ま)を作って有るものは、時と共に育って行くし。
感じ取る側の感性の位置や尺度、
そして感度によってグンと変化するのも、いい。
ある意味、受け手のセンスにかかっている!
何て要素が含まれている。
それって、とても面白い。

だから、あまり種明かしや背景丸見えのものは、
時によっては受け手側の想像力を小さくしてしまう可能性があるのに。。。と感じてしまう。


受け手側が共感できたり、イメージ出来たりのリアルさは大事!
でも、
”ありのままのように見えていても、けしてありのままだけでは無い”
そんな部分が、プロとアマチュアの違いかな。。。。


☆「腹式呼吸と正しい姿勢と発声講座」
日時:8月23日(土)13時半〜19時
場所:MUSIC JOY神田 03−3255−2757



詳しい内容やお問い合わせ、お申し込みは、
宮地楽器MUSIC JOY神田 03−3255ー2757
http://www.miyajimusic.com/school/kanda/pro_voice/
インターネットでのお申し込みも出来ます

さあ、暑い夏、ついぐったりダラダラ過ごすなんてしないで、
自分の為に、イメージチェンジやイメージアップのチェレンジを是非


musashis9 at 23:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年03月19日

「伝えたい」ーその② 角度を変えて聞き直すこと

違う角度から、もしくは、少し時間をおいて、
”聞き直してみる” ”見直して見る”
これって、本当に重要で、作品を作り上げることでも
とっても重要なプロセス。
この、”聞き直す” ”見直す” と言う作業の中にいろんなヒントや発見があるもの。
音楽でも、演技でも、
自分自身が作り手であるときには、
作ることに集中しているので、作っている物、出来上がって行く物を、
途中で客観的に見るのは、とっても難しいし、余裕もないもの。
でも作り終わったはずの物が、それで出来上がり、完成品なのか?
は、も少し練り上げて客観的にジャッジする必要があるんじゃないかな?
と、思います。
もちろん、プロデューサーやディレクションするひとのジャッジも必要。

音楽なら、そう言う意味で、いろいろなパターンで、
デモを録ってブラッシュアップしていくことも必要。
例え、その曲で使わなかった物も、後で違う曲で役に立つかも知れないし
悩む事は無駄ではありません。


今は、だれでも家で曲を作ったり、楽器が演奏できなくても録音が出来たり、
音楽を楽しむことが出来るようになってきた。
そのぶん、プロとアマチュアの境が曖昧になってきていることは確か。
「特別に光るものや実力がなければ、プロにはなれない!」なんて、言われていた時代とは
流れが確かに違ってきている。。

でもね、「もう少し、ちゃんと練り上げてごらん、聞き直して丁寧に見てごらん」
そして、「ちゃんと歌ってごらん!」って、
そうしたらもっともっと良くなるのに。。。。
例えば歌。
今は、音程やリズムも直せる時代だけれど、
歌が歌えるって、良い歌って、やっぱりその次元では無いと。
反対に音程が合っているから上手い歌、でもありません。
難しいですか?
でも、そうなんです。
自分が何を表現したいか伝えたいか?
聞いている側に、どう感じ取られるか?
どう届くか?
と言う事を意識することは大事な要素の一つ。
そこを思いきり悩んで下さい。

プロとして何かを世の中に発信することに、
”自覚とプライドとプレッシャー”を感じていて欲しいな、と。
だって、このことを感じながら何かを作り上げることは、
とても素敵なことだと思うから

どうせやるなら、”プロフェッショナル” 目指して下さい













musashis9 at 00:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年03月18日

「伝えたい」と思うことーその①

何回かに分けて、”伝える”をテーマに書きたいな、と思います。
伝える気持ち、伝える表現、伝える方法、色々関わる私ですが、
改めて、

3月、卒業シーズンですね
いろんな卒業があるけれど、それぞれの人の新しい記憶を刻む季節だし、
それと、同時に記憶を呼び返す季節
なんか、3月はセンチメンタルになる季節だな。。。って思う。
私の場合は、自分自身の卒業もいろいろ思い出すけれど、
やっぱり、息子の卒業の時の顔が思い浮かびますね

先日、地下鉄の中で卒園式帰りの2組の親子と乗り合わせました。
一人のお母さんが薄いピンク色の着物姿。
こんな季節でないと、着物姿を見かける事は少ないけれど、
やっぱり、「あー、卒園式だったんだ」って、感じて微笑んでしまう素敵さでした。
普段は、着ないけれど、こんな節目節目で子供に日本の姿を見せてあげるのも、
大事なことかも。と。
きっと、記憶に鮮明に残るでしょう?
いつもと違う装いのお母さんや、
式での緊張感や興奮。
先生や友達との別れの寂しい気持ちも。
物事を伝えていくことの大事さを改めて思った私でした。

さて、こんな季節にこの曲を卒業のみなさん、卒業の記憶を呼び覚ましているみなさんに
以前、”歌スタ”という、オーディション番組からデビューした
当時15歳のシンガー牛島隆太君が歌った、卒業ソングを。
歌詞もじっくり感じてください。

「フレンズ ー君の記憶のなかの僕ー」
作詞 森 真帆
作曲 斉藤英夫
歌 牛島隆太
http://www.youtube.com/watch?v=G3DsOKhYW9k


「フレンズ −君の記憶のなかの僕-」                  
                  
校庭を君と横切って 息切らして廊下を走る
せかすようにチャイムの音が いつも背中 追いかけて来た

並んで座る最後の今日 胸に映ることは

どんな顔をして 残るんだろう
君の記憶のなかの僕は
すこし不安で 迷いながら行くけど
今日までのことに ありがとう

負けたのがただ悔しくて 何も言わず帰る坂道
気まずさや すれ違いも「ごめんね」で ぜんぶほどけた

並んで座る最後の今日 胸に映ることは

今の笑い顔で 残せるかな
君の記憶のなかの僕を
手を伸ばして 夢にむかって行くけど
君に言うよ ありがとう

追いつけない怖さと とまどいを抱いて 歩きだしてゆく
つらかったあのとき 涙とまらなくても ひとりと感じなかった

今の笑い顔で 残せるかな
君の記憶のなかの僕を

今日までのことに ありがとう

君に言うよ ありがとう
                      



musashis9 at 02:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年09月10日

アマゾンKindleでも発売されました!

お知らせ遅くなりましたが、
私の書籍「声と言葉の表現力アップ術」の電子書籍、
Amazon Kindleでも発売されました
本として持ち歩かずに、いつでもどこでも読むことの出来る
電子書籍、インデックスも検索しやすく、
目的のページを探しやすいのが、良いですね
URLはこちら
http://www.amazon.co.jp/ebook/dp/B00ENFT3BK/




☆「プロフェッショナル・ボーカルレッスン」のお知らせ
9月のレッスン日が決まりました。
9月28日(土)13時〜21時
全て時間予約制となります。
ご希望時間をお早めに!!

詳しいお問い合わせ、お申し込みは下記まで
宮地楽器 MUSIC JOY お茶の水
http://www.miyajimusic.com/school/mjocha/pro_voice/

そしてそして、10月のレッスン日も決まりました。

10月26日〔土)13時から21時です。

こちらもお申し込み可能ですので、
MUSIC JOYお茶の水まで、お問い合わせください

musashis9 at 19:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年06月09日

プロセス

思うだけじゃ伝わらない
願うだけじゃ叶えられない
言葉だけじゃ進まない
信じるだけじゃ頼りない
見える物が全てじゃない
見えない形は分からない
同じ話はつまらない
繰り返すばかりじゃときめかない

と、日常でも毎日悩みは多いもの。。。


思いが伝わるはず、分かるはず
って思っていても、本当は伝わらないこと、分からないことが多いもの。。。
仲の良い友達や恋人や肉親でもでもです。


表現を表すことが大事な仕事のひとつである私。
自分の思いや考えイメージや夢、
感情や感想を、ストーリや−ドラマ、言葉や詩、音楽という形にかえて
回りや相手に伝えるために、考え悩んだり、、、、。
そんな日々だけれど

そのプロセスが、本当に大事
ここをショートカットはできません。
悶々と試行錯誤、思考が行ったり来たりしながら、
本当の気持ちや表現したいことがまとまったり、
方向性に気がついて行くし決心もつくものなんですよ
そして、それをどう表現すれば伝えられるか?
私にはそこが、一番大事なこと

さて、では、またまたそんな世界に入り込みます

空写真 1-3






「腹式呼吸と正しい発声講座」開催です

今回は2日間続けての2回講座の開催です。、


日時:7月13日(土)・14日(日)の2日間
   13日18時〜20時
   14日14時〜16時

場所:宮地楽器MUSIC JOY神田

受講費:30.000円(2日間で)

☆2日間の講座となりますが、以前この講座を受講されたことのある方は、
 どちらか一日のみでも、受講可です。

お問い合わせ、お申し込みは下記サイトから
http://www.miyajimusic.com/school/kanda/detail.php?a=1&tpno=11




musashis9 at 00:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年05月21日

声だけでもないし。。。

歌の上手さって、何でしょうね。

声が出ること?
声が大きく声量があること?
リズム感やビートが良いこと?
音程が良いこと?
声が綺麗なこと?
声の音色が良いこと?

もちろん、ぜ〜んぶ関係がありますよね。
これらを全部クリアすることはそう簡単な事ではないかも。。。
ですが、
でも、まだこれでは
「歌が歌える」
と言うレベル。。

「歌の上手さ」
となると、やはりもう一つレベルが↑。
最初に並べたことに加えて、
もう一つ大切なのが、聞いている側に
「どれだけ歌からの想像やイメージをさせることができるか?」
と言う事だと私は思っています

歌を歌うと言う表現のパフォーマンス。
この曲の世界と言葉を表現することと、これを伝える力。
この力が、歌の上手さに繋がります。

これは、声が良く出るとか、
良い声、綺麗な声、というものとはちょっと違う話。

声をベストの状態にすることは大切、そして、
音程やリズムを正しく歌う事も、もちろん無視してはいけないこと。
でも、それだけでは上手な歌い手、いい歌を歌う歌い手には
まだ、届いていません。

う〜ん。奥が深いぞ



musashis9 at 14:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0)