台詞のこと

2011年06月13日

それぞれ

新人俳優さんの台詞の指導の時、慣れないうちは、みんな一生懸命に
”台詞を正しく言おう”
と、必死になります。

何回も同じ台詞を言って練習して、
言葉につまったり、台詞を噛んでしまわないように、
長い台詞や、言いにくい言葉は、
その部分のフレーズを何回も繰り返して。。。。

そして、本番、つっかえずに台詞をスラスラと言えると、
本当にホッとして、
「よーし!今日は完璧失敗しなかったぞ」
と、胸を撫で下ろす。

が、しかし。。。
もしかして、その場は監督さんが優しくて、もしくは撮り直す時間が無くて、
”OK" をくれていたとしても。。。。
本来、俳優さんの場合、
間違えずに止まらずに、台詞を言う事が仕事ではありません。

決まった時間や勺のなかで、決まった内容の言葉数を言わなければならない、アナウンサーや
ナレーターと違い、
俳優の言う台詞(言葉)には、決まったスピードや決まった”間(ま)”があるわけでは有りません。
スピードや,”間” もそのひとの表現力のひとつ。

と、いうか、台詞を言えるのは当たり前の事で、
自分の役の台詞(言葉)をどう表現するか、どのように言うか?
と言う事が、必要なこと。

普段の素の自分から、少し離れて、
自分が演じる役の人に
意識を置き換える。
そして、その役を演じる自分に台詞(言葉)を言わせる。。。。


この、意識を役に人に置き換える時のプロセスの中に、
その俳優さんの個性やセンス、想像力が溶け込んでいきます。
時には迷ったり、役の人物像を作るのに苦しんだり、
でも、それが大切な俳優さんの演じるプロセスだと思います。
もちろん、歌を歌う時にも同じことがいえます。

それに、
これ、一般の我々の日常にも,共通して言える事があるとおもいませんか?
人それぞれ、感情も、感覚も、考え方や知識も、
好きな事,嫌いな事、得意な事、苦手な事、
いろいろです。
人との関わりの中で、
「なんで、そうなの?」
なんて事、多々あります。
思い通り、ずっとうまく行く
なんてことだって、実はそうありません。

だからね、ちょっと角度を変える。
立場を変える。
そんな癖、付けてみる。
そう、役を変えてみるんです。
立場を変える、とでも考えましょうか。
自分の都合だけではなく、相手の都合も少し見えるようになるかもです。

けして、相手の考えや趣味に同調しろ、と言うのではありません。
でも、「へー!そうなんだ。」と、少し視野が広がります。
自分は自分一人にしかなれない物だから、
こんな形で、自分以外の人の考え方や気持ちを知る事は、
けっこう、楽しいことですよ


あーっと、ゴメンなさい。
      今日もまたまた、長いコラムになってしまいましたニャン。。
      この子に免じて。。。
 DSC00072



お知らせです。
 先日より,このブログでもお知らせしてた下記の講座に、追加で新しいクラスが増えます。
 ステップ1は19時半~21時のクラスにもお申し込み頂けることになりました。
 詳しくは、宮地楽器MUSIC JOY神田 まで,お問い合わせ下さい。

☆3日間集中講座!『腹式呼吸と正しい発声』

が、宮地楽器MUSIC JOY神田 で開催されることになりました。

今回は前回参加された方を対象に、ステップ2のコースも開設されています。
もちろん、もう一度ステップ1を受講され、しっかりと基礎を身につけることも可
ですよ

お申し込み、詳しい詳細下記にお問い合わせ下さい。
宮地楽器MUSIC JOY神田





musashis9 at 01:30|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2010年05月21日

演じることは、エクスプレッション「表現力」です。

だれでも、一度くらいは劇の中の役を演じたことが有りますよね。
小学校の学芸会や、何かの催しなど。
それから、人前での発表や、国語の時間に朗読をしたり

どうですか?それは楽しい思い出ですか?
それとも、恥ずかしくて思い出したくない想い出でしょうか?

日本の学校では、いままであまり”表現をする” と言うと事を、練習したり、表現力の教育と言う物をおこなっていませんでした。
先ほどの、国語の授業の教科書の朗読だって、あんまり感情を入れて、主人公なり切って言ったり
すると、友達から”クスクス”って笑われたりして。。。。

私が普段指導している役者さんや、歌手の人たちは、演じる事が仕事です。
もちろん役のなかで演じている人、本人では無いのですが、さも、その役柄の人が目の前にいて、
本当に、そう言う台詞である言葉を言っているように、リアルに演じなければなりません。
もしかしたら、その役柄は、役者さん本人とはまったく真逆のキャラクターのときだって有ります。

歌手の場合もそうです。アルバム1枚に、10曲。その中に恋の歌が7曲。失恋の歌が3曲はいっていたとしたら。。。。
アルバム出すたびに、そんなに何回も恋愛を経験していたら、大変です。。。

俳優さんも歌手の方も、イマジネーションの中で、自分をそのストーリーのなかで膨らませ、
役になり切る。このことが必要です。
上手い役者さん、歌手の人、パフォーマンスをする人は、「いかにリアルに表現をするか」
と言う部分に、その人の上手さや、演技力が生かされてきます。
ボイスエクスプレッション力が、演じることには大きく関わってきます。


でも、これは私達の日常生活にも是非、役立てて欲しいことがいくつか有ります。
俳優さんや、歌手では無いのですから、自分以外の誰かを演じる必要はまったくありません。
自分自身の感じていること、考えてること、人に対する思い。
まず、"言わなくても解るはず” という考えはかなり確率の低い事だと思ってください。

自分の考えていることは、思っている以上に他人には伝わらないもの。
親や、恋人、親友でもそうです。きちんと言葉にして表現をしてください。
照れ臭いし、改まって言いにくいけど、伝えたい思いは、言葉で伝えること。
仕事場でもそうです。
必ず伝え無くてはいけないことは、同じ仕事でも確認をすること。
きちんと伝える。と言うのは、失礼のない正しい言葉で伝えるという意味だけでは有りません。
会議や職場では、もちろんそのようなことも必要ですが、
日常生活の中では、まず、自分のイメージや、感情ををしっかりと表現できるような癖をつけると良いと思います。
ボイスエクスプレッションとは、まず、自分の気持のイメージ作りから入るものです。


つづく。。。




musashis9 at 01:54|PermalinkComments(1)TrackBack(0)