作詞

2017年01月01日

さあ、今年は何がまっているでしょう!

新年明けましておめでとうございます。
お天気の良い、穏やかなお正月を迎えました。

昨年は、あまり更新出来なかったブログですが、
今年は、ちょくちょくお知らせなど、更新したいと思います


去年は、私がプロデュースをしました
You-SuKeのミニアルバム「時の音」発売ツアーなどで、
皆様の前で歌ったりさせて頂きましたが、
今年も、引き続き、ライブや歌う事も活動増やして行きたいと思います。

「表現する」と言う事が、私の大事な仕事のテーマです。自身が作詞表現することも、声を出す事も、音楽表現することも、言葉を発することも、
そして俳優さんタレントさん、ナレーターさんへの台詞表現の指導、言葉表現の指導、
アーティストさんの歌の表現指導や、様々な方への自己アピールやコミュニケーション指導、
などなど、ジャンルは様々ですが、私にとっては全て「表現する」と言う事に繋がること。
今年も、様々な表現を勉強して、みなさんに表して行きたいと思います。

今年もどうぞよろしくお願いいたします。


musashis9 at 23:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年10月19日

一番好きな曲

そんなに沢山の曲に詞を書いている訳ではありませんが、
皆さん目に触れていない作品も、たくさんあります。

作詞家や作曲家はシンガーソングライターではないので、
自分の作品を、パフォーマンスしてくれる人がいなければ、
みんなの耳に届く事が無いわけで。。。。

依頼があって作った作品も、発売されるまでには色々な難関と、
山を越えなければならない時も多くあります(´;ω;`)

実は、発売されるまでは、どんなどんでん返し
が、有るのか解らないと言うことも、音楽業界、芸能界にはつきもの。。。
B面のつもりで作った曲が、タイアップが付いてA面になった。。。なんて話しも起こるし。
この辺の、裏話はまたいつか。。。
まあ、それは置いておいて。。。

いい曲が有ると、この曲を台無しにしない言葉を付けなくちゃ、と、
思います。
そして、同時にメロディーに負けない言葉を書かなくちゃとも
良い曲で、メロディーは憶えて貰ったけれど、
どんな内容の歌詞の曲だったか、
聞いている人達に残らないのは、作詞する側としては残念なことですから。。。
メロディーの邪魔をしない、でも、言葉の残る詞がいいですね。

難しい言葉でなくても、その曲としっかりダッグを組めれば、記憶や耳にのこる詞になりますから

サウンド、アレンジ、曲、詞、アーティスト、の相乗効果で、
曲がどんどん良くなって行く制作段階は、ワクワクするものです。


実は、いままで書いた作品の中で、とても好きな曲があります。
書いたのは4、5年前。
でも、いまでも一番好きな曲です。

詞を書く時にはだいたいの場合、曲先と言って、曲が先に出来ていてそれに歌詞を書いていきます。
この曲を初めて聴いた時には、本当に、メロディーに言葉があるようでした。
そして、アレンジもサウンドもホントにいい。
優れたメロディーメーカーの作品です。.。゚+.(・∀・)゚+.゚

こんな時は、”こりゃー大変だ責任重大
って、感じになるわけで。。。。

ある、女性アーティストの為の曲でしたがそのアーティストの方も、
とても素敵な表現でデモを歌ってくれました。
ただ、その時には残念ながら様々な事情で、CD発売されることは無かった。。。。

いまも時々、聞き直していますが、“良い曲です” 

曲は、聞いて貰える人達の耳に届いて、
それぞれの人の心に何を感じさせたか、で、初めて完成する。
と言う要素がとても大きいと思う。
だから、この曲はある意味まだ、未完成。。。ライブ


いつか、この曲にあったシンガーがの方がいれば、是非歌って頂きたいと、
思っています。
皆様のもとに届けられることを。。。




お知らせです

来る11月14日、27日、12月4日の3日間。
宮地楽器神田店におきまして、

三日間特別講座『腹式呼吸と正しい発声』

という講座を開催することになりました。

1レッスン 90分。
少人数の方を個別に指導、確実なスキルアップを目指します
クラスは2クラス.どちらかご都合の良い時間をお選び頂けます。

少数定員レッスンですので、ご希望の場合はお早めにお申し込み下さい。
詳しくは
宮地楽器MUSIC JOY神田店 まで。。。
http://www.miyajimusic.com/school/kanda/



musashis9 at 21:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年07月24日

嬉しいこと

先日、ちょっと嬉しいことが有りました。
以前からこのブログにもちょくちょく登場している、牛島隆太くん。

私は彼のボーカルレッスンと、デビュー曲のレコーディングのボーカルディレクションをしました。
そして、そのデビュー曲の「フレンズー君の記憶のなかの僕ー」の作詞もしました。

お聞きになられたことはありますか?
3月3日にデビューした彼は若干15歳。でも、われわれ制作者側も自信を持って
皆さんにお届けできる歌唱力です。(だれですか?私のレッスンが厳しいからって言ってるの



実は、そのCDの中に合唱バージョンをいれました。
合唱アレンジも私がさせていただき、横浜の緑ケ丘中学の皆さんに歌っていただきました。


隆太くんのソロバージョンとは、また別の感動が有る出来上がりになりました。
その後、緑ケ丘中学の皆さんがこの曲を演奏会などで歌ってくださり、それを聴いた他の中学校の方から先日、「是非、歌いたいので合唱譜面を下さい。」というお問い合わせを頂きました。

実は、中学の頃私も合唱部だったんです。
でも、ちょっとジャンルの違う音楽の仕事をするようになって、合唱とは離れていました。
だから、久しぶりの合唱のレコーディングは、なんだか少し懐かしく嬉しいものでした。

これからもたくさんの学校で、
「フレンズー君の記憶のなかの僕ー」が、歌いつがれてゆくといいなあ




USTボイトレ体験レッスンオリジナル課題曲は、
7月24日の記事 ”USTユーストリームボイトレ体験レッスン!” で聞くことが出来ます。


配信は8月3日、20時半~22時まで(予定)です。
 当日下記チャンネルにアクセスしてみてください!
 http://www.ustream.tv/channel/saitoclub

そして、ももっともっと、声だけではなく自己表現に興味がある方は、
是非、8月22日のワークショップにご参加下さいませ

ワークショップのお知らせ。
歌う声や話す声、歌う言葉や話す言葉、そして歌の表現や言葉の表現について、
体験しながら、憶えていく
「ボイスエクスプレッション」のワークショップを
8月22日、”宮地楽器MUSIC JOYお茶の水”におきまして
開催いたします。是非ご参加下さい。
お申し込みは、こちらまで、
ネットからのお申し込みが出来るようになりました!!

・宮地楽器MUSIC JOYお茶の水 電話 03-3294-0600 
・ネットからのお申し込み https://www.miyajimusic.com/form/PCForm.php?a=34&j=FJ_vex&c=20100821

ボーカリストの方はもちろん、プレゼンやお仕事で声を出す方、お話をする方、声や言葉のグレードアップをしませんか?

内容詳細につきましては、こちらのホームページよりご覧になれます。
宮地楽器MUSIC JOYお茶の水
a href="http://www.miyajimusic.com/school/mjocha/"



musashis9 at 20:42|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2010年07月06日

作品作りって

梅雨ですね
って言うお天気が続いています

でも、あちこちで綺麗なあじさいの花を見ることが出来ます。
本当に雨の季節の花です。
私も以前、「紫陽花」というタイトルの歌詞を書いたことがあります。
少し、重めの(?)切なさと強さの感じられる歌詞の内容ですが、
その時のアーティストさんのアルバム発売が変更になり、まだ、日の目を見ていません。


実はそんな詞はたくさんあります。。。
後から見直すと、ボツに成った意味が解るものもあるし、


何年経っても、”やっぱり、これいいのに!!”と、思う作品もある。
ちなみに、私が一番好きな詞は、まだ、日の目を見ていません。。。

もちろん、楽曲は詞とメロディーの合作。
双方が良い物で、お互いの相乗効果が出るんです。
曲はOKで、詞だけ差し替え
なんて事だっていっぱいあります。
ただ、残念なことに詞が良くて、曲が付け替えられる、と言う事は、
音楽業界ではあまり多くありません。

詩を書く場合、ほとんどが曲先、といって曲が先に出来ている。
それに後から歌詞をつける訳ですが、曲がいいと、やはり書く気が倍増嬉しくなります。
そして次に「あー、メロディーに負けない、流されない言葉にしなきゃ」と
思うわけです。
同時に、良い曲なら「この曲を潰さないようにしなきゃ
とも思います。
実は、かなりのプレッシャーでもあります。


音もそうですが、言葉は時代とともに変化します。
それに、曲とちがって、言葉は誰にでも解ってしまう。

その時の傾向で明るい詞が好まれる時、少しせつない悲しい詞が好まれる時、
も流行のようにあるんですが、
景気の良い時には、せつなく暗い詞が、景気の悪い時代には反動に明るい詞が好まれるという説も有ります。

言葉は誰にでも解るだけに、とても気を使う事が多いんです。
その時のニーズには敏感でなくてはならないのですが、
かといって、あまり流行の言葉や単語を入れるのは、危険
私は気を付けています。
何故かと言うと、月日が流れた時に、その曲を古く感じてしまうからです。
例にだすと、

「電話のダイヤル」とか、
「ポケベル」「銭湯」j「ラジカセ」
などなど、
反対に時の流れや想い出を感じさせたいときには、そんな事が匂うような単語を
選んだりします。

作品作りって、湧いて来る感性や感情表現だけでは、ワンパターンに成りがち。
その他にも、構成力や演出力、イマジネーションが、必要です。




ワークショップのお知らせ。
歌う声や話す声、歌う言葉や話す言葉、そして歌の表現や言葉の表現について、
体験しながら、憶えていく
「ボイスエクスプレッション」のワークショップを
8月22日、”宮地楽器MUSIC JOYお茶の水”におきまして
開催いたします。是非ご参加下さい。
お申し込みは、こちらまで、
・宮地楽器MUSIC JOYお茶の水 電話 03-3294-0600 

ボーカリストの方はもちろん、プレゼンやお仕事で声を出す方、お話をする方、声や言葉のグレードアップをしませんか?

内容詳細につきましては、こちらのホームページよりご覧になれます。
宮地楽器MUSIC JOYお茶の水
a href="http://www.miyajimusic.com/school/mjocha/"



musashis9 at 01:42|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2010年06月07日

作詞の裏話

詞の書き方は人それぞれ。曲のタイプによっても変わりますが、
大事なのは想像力とイマジネーション、独創性。
それと。。。。
私の場合は、”心と思考をワープさせる集中力” で、しょうか
何故かって?
歌詞を歌うアーティストは、10代だったり、20代だったり、男の子だったり、女の子だったり、タイプもイメージもそれぞれが違いますから。。。

どうやって詞を書くかって??
人それぞれ 違うと思いますけれど、私の場合は、
まず一日目はヘッドフォンをして大音響で
曲を聴きながら、ご飯を作ったり、タマネギ切ったり。。。
掃除機かけたりします。。。
手元は、タマネギを切っていても、頭の中はメロディーと詞の事を考えていますから、
きっと目つきは真剣 
はたから見ると かなり異様に映るようです。。。
集中していますから、話しかけられても、電話が鳴っても気がつきません。


次に、ノート片手に言葉をばんばん書き綴っていきます。
何ページも使います。
ちなみに、ノートは決まったノートでないと、いけません

そして最後に、机に向かいノートに書いたり、パソコンに打ち込んだり、時によってまた全て白紙にして、
悩み直したり。。。。詰めと固めの時期に入ります。。。
そして、必ず、歌いながら書きます。(ここは私の強みです)

だいたい、いつもこの流れで、書いていきます。
作詞は作曲と違い、機材もいらないし、楽器が無くてもなんとかなる。
ホントに、紙と鉛筆があれば仕事ができますから、
そういう所は、便利です。
ただし、仕事の切れ間が無いので、気がつくと朝
なんてことはしょっちゅう。。。
イケナイ、イケナイと、いつも反省

煮つまった時には、
いえ、いつもだいたい煮つまりますが。。。
どうにもならない時には、
関係ない映画をたくさん見たり、好きな曲をエンドレスで何度も聞いたりします。

ところで、私のダンナさんは作曲家なのですが、
彼は、曲を書き始めるとやたらとお風呂に入ります。
五線紙とペンを片手に。。。
そして、その他の日常生活の処理能力のペースがグーンと落ちます。。。
(あっバラっしゃいました。。。)

まあ、人それぞれ、そのひとによっていろいろですね。


 

musashis9 at 23:01|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

緑を訪ねて。。。

昨日は、ちょっと用事で長野に日帰りで行きました。
DSCN9657素晴らしいお天気で
緑がうっそうと鮮やかでした
この景色と、匂いや雰囲気を情景写真として、“パチリ” 記憶回路に残しておきました。
いつか、どこかで詞を書いたり文章を書いたりと言う時にも、こういう目で見たり、肌や空気で感じたりの
出来事の場面が、役に立つんですよ
書く時に、記憶の引き出しの映像の中から引っ張り出してきます。

そうそう、帰り道2匹のきつねに会いました。
 
今日は牛島隆太くんのレッスンとリハでした。
13日(日)の14時からと16時からの2回、川崎銀座でストリートライブです。
今回お初の曲も歌うので、お楽しみに。。。。
CA390579001今週は、その他もいろいろあって、忙しい。。。
でも、頑張ります。

日曜日まで、梅雨にならないといいんだけれど・・・
 

musashis9 at 00:29|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2010年05月30日

寒っーい!

五月も終わりの時期だと言うのに。。。。
寒ーい。 
お天気もつづきませんねぇ。
そんな日は、ウチの猫ズはこんな様子 
DSCN9597ムサシレオ12匹の兄弟で、重なり合って寝ています。
2匹とも、ビッグサイズの大型種猫だもので、2匹の合計体重は、
16キロですニャン
 重いけれど、モコモコで、寒いときのお供にはもってこい 
ですよ。

今日は、デモレコーディング を2曲済ませ、
今夜は、遅くまで詞書きです 
寒くないように膝の上に、猫を抱いています 
徹夜で仕事をする時に気をつけていることは、水分補給です
マイポットに、暖かい飲み物を入れて、デスクの横に置いておきます
マイポット、コーヒー用とハーブティー用、二つを分けてつかっています。
普段から、持ち歩いているんです。
みなさんにも、おすすめします





musashis9 at 00:01|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2010年05月24日

詞書きモード突入

実は昨日、ウン十年来のお友達と、久々に連絡を取り合いました
お互い、同じ業界で仕事をしていながら、仕事の持ち場のテリトリー
が、少し違うので意外とすれ違わない日々でした。
彼女は、濱田peko美和子さん。
彼女は、もともとは、ユーミンや大江千里さんのコーラスをやっていたんだけれど、その後、振り付けや、ステージングなどなどで、大活躍中
いまも、浜崎あゆみさんのツアー中。

音楽業界は、やはりまだまだ圧倒的に男の人が多い業界。
女の人は、どうしても結婚や子育てで、現場をはなれて行く仲間が多い中、活躍中で頑張っている友達がいるのはすっごく嬉しいことです。
昨日、私の頭の中は、一瞬でウン十年前にタイムワープしましたよ
楽しい出来事でした
ペコ、お互いに頑張ろう

さてさて、
私はまたまた詞書きモードのシーズンに突入致しました。
私の場合は、シンガーソングライターではないので、詞を書く時にはいつも、その曲を歌って貰うアーティストがいるんです。
詞を書き出す前に。。。。
まず、「さあ、このアーティストにどんなストーリーの、どんな言葉の歌を歌って貰おうかな。。。。?」 
と、言う部分でいっぱい悩んで考える。。。。
もちろん、曲を何百回も聴きながらです。。。。
んんんーーーーん。
これから、悩みます。。。。。
それでは。 

musashis9 at 23:45|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2010年05月23日

気温の差が。。。。

日本の5月の気候は、晴れれば本当に素晴らしい。
大好きです。
でも、今年はお天気が安定していません。。。。
 着るものも悩んでしまいますね。
もうすぐ雨の季節だし。。。。
この梅雨は本当に苦手。。。
髪の毛はちりちりに爆発するし 
服もベタベタまとわりつくし。。。。
良いことと言えば、花粉症が落ち着くことくらいでしょうか。。。。

今日はこちらは朝から雨。冷たい雨です。
雨の日は、なんだか全てのスピードが落ちる私ですが、
雨の度に 緑が濃くなっていくこのごろ。
雨も大事です。
表現力の練習も、こんな雨の日にしておくと良いですよ
せっかくの雨降りですですから。
こんなふうに。。。

雨の日の空の色は?
雨の日の朝はどんな匂い?
雨の音はどんな音?(振りかたでたくさん表現がかわります)
雨に濡れた歩道はどんな感じ?
雨の中を歩くと。。。。
雨の日の人ごみは?
雨の日の木々の色は?
雨の日の電車は?
雨に濡れた屋根は?
雨の日の花屋さんの前は?
雨の日の夕方は?

ほらね、色のイメージや、感じのイメージ、匂い、温度、いろいろ
なことを、ちょっと考えて観察してみると、雨に対する想像力やイマジネーションが湧いて来ます。

ところで、ウチの猫。。。
雨に日は。。。ふだんにもまして、、怠惰に寝ています。。。
CA390530
 

musashis9 at 17:36|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2010年05月14日

歌詞の情景。。。

先日 牛島隆太くんの ブログを見たら「フレンズー君の記憶のなかの僕ー」の歌詞の話題でした。
 「歌詞のどこが好きですか?」の隆太くんの問いかけに、
みなさんがいろいろアンサーしてくれていました。
最後のキメの言葉、”ありがとう” を言ってくれた方たちはもちろん多く、でも それ以外にも聞いた人それぞれの、こころを引いたフレーズが、お気に入りになっていました。


そうなんです
歌は、聞いた人それぞれがその曲を聞いて、
自分の中に情景や想い出、イメージが浮かぶものですね。

これは聞く人が年を重ねたり、季節が違ったりすると、
またまた、印象に残る歌詞の部分も変わって来ると思います。 
 
それは、歌う側も同じ、15歳の「フレンズ」 17歳の「フレンズ」20歳の「フレンズ」それぞれ、まったく違う表情や表現が出て来ると思います。
ウーン楽しみですね
 
詞を書いた側としては、歌詞のいろいろな部分が、
聞いてくれたそれぞれの人達に印象に残っていることは、
とっても嬉しいことであります 
ありがとうございます 

musashis9 at 01:17|PermalinkComments(1)TrackBack(0)