俳優

2011年06月13日

それぞれ

新人俳優さんの台詞の指導の時、慣れないうちは、みんな一生懸命に
”台詞を正しく言おう”
と、必死になります。

何回も同じ台詞を言って練習して、
言葉につまったり、台詞を噛んでしまわないように、
長い台詞や、言いにくい言葉は、
その部分のフレーズを何回も繰り返して。。。。

そして、本番、つっかえずに台詞をスラスラと言えると、
本当にホッとして、
「よーし!今日は完璧失敗しなかったぞ」
と、胸を撫で下ろす。

が、しかし。。。
もしかして、その場は監督さんが優しくて、もしくは撮り直す時間が無くて、
”OK" をくれていたとしても。。。。
本来、俳優さんの場合、
間違えずに止まらずに、台詞を言う事が仕事ではありません。

決まった時間や勺のなかで、決まった内容の言葉数を言わなければならない、アナウンサーや
ナレーターと違い、
俳優の言う台詞(言葉)には、決まったスピードや決まった”間(ま)”があるわけでは有りません。
スピードや,”間” もそのひとの表現力のひとつ。

と、いうか、台詞を言えるのは当たり前の事で、
自分の役の台詞(言葉)をどう表現するか、どのように言うか?
と言う事が、必要なこと。

普段の素の自分から、少し離れて、
自分が演じる役の人に
意識を置き換える。
そして、その役を演じる自分に台詞(言葉)を言わせる。。。。


この、意識を役に人に置き換える時のプロセスの中に、
その俳優さんの個性やセンス、想像力が溶け込んでいきます。
時には迷ったり、役の人物像を作るのに苦しんだり、
でも、それが大切な俳優さんの演じるプロセスだと思います。
もちろん、歌を歌う時にも同じことがいえます。

それに、
これ、一般の我々の日常にも,共通して言える事があるとおもいませんか?
人それぞれ、感情も、感覚も、考え方や知識も、
好きな事,嫌いな事、得意な事、苦手な事、
いろいろです。
人との関わりの中で、
「なんで、そうなの?」
なんて事、多々あります。
思い通り、ずっとうまく行く
なんてことだって、実はそうありません。

だからね、ちょっと角度を変える。
立場を変える。
そんな癖、付けてみる。
そう、役を変えてみるんです。
立場を変える、とでも考えましょうか。
自分の都合だけではなく、相手の都合も少し見えるようになるかもです。

けして、相手の考えや趣味に同調しろ、と言うのではありません。
でも、「へー!そうなんだ。」と、少し視野が広がります。
自分は自分一人にしかなれない物だから、
こんな形で、自分以外の人の考え方や気持ちを知る事は、
けっこう、楽しいことですよ


あーっと、ゴメンなさい。
      今日もまたまた、長いコラムになってしまいましたニャン。。
      この子に免じて。。。
 DSC00072



お知らせです。
 先日より,このブログでもお知らせしてた下記の講座に、追加で新しいクラスが増えます。
 ステップ1は19時半~21時のクラスにもお申し込み頂けることになりました。
 詳しくは、宮地楽器MUSIC JOY神田 まで,お問い合わせ下さい。

☆3日間集中講座!『腹式呼吸と正しい発声』

が、宮地楽器MUSIC JOY神田 で開催されることになりました。

今回は前回参加された方を対象に、ステップ2のコースも開設されています。
もちろん、もう一度ステップ1を受講され、しっかりと基礎を身につけることも可
ですよ

お申し込み、詳しい詳細下記にお問い合わせ下さい。
宮地楽器MUSIC JOY神田





musashis9 at 01:30|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2010年06月29日

注目度ナンバーワン!

今年秋に公開される、ウルトラマンシリーズの映画、
「ウルトラマンゼロ THE MOVIE 超決戦!ベリアル銀河帝国」
(タイトルが長いけど。。。)
この映画の、ウルトラマンゼロの主役を小柳友君が演じる事になったという、ニュースが。。。
 
”友君やったね!”

彼は、お父さん似で、(お父さんは、ブラザー・トムさん)とっても背が高くて、
顔立ちも本当にカッコ好い青年
若手俳優くん達の中でも、目立つオーラが有りました。

始めて会ったのは、高校生の時でしたが、
制服でレッスンに現れた時、なんだか制服が似合わないくらい、
大人っぽい雰囲気を持っていました。

よく、オーディションを受ける時などで、
「今回は高校生役のオーディションなので、制服でオーディションを受けて。。」
などという、指示が有るんですが、
その時にも、
私はてっきりオーディション帰りかと「あれ?制服?何、今日はオーディション?」なんて聞いてしまいました。
本人から、「先生、ぼく高校生ですから」って、言われて、( ´∀`)つ
あっそうだったよね
って。。。

その後、活躍中の彼ですが、これからも益々ブレイクしていくと、予感しています。
注目度ナンバーワンです
皆様も、注目していてください




ワークショップのお知らせ。
歌う声や話す声、歌う言葉や話す言葉、そして歌の表現や言葉の表現について、
体験しながら、憶えていく
「ボイスエクスプレッション」のワークショップを
8月22日、”宮地楽器MUSIC JOYお茶の水”におきまして
開催いたします。是非ご参加下さい。
お申し込みは、こちらまで、
・宮地楽器MUSIC JOYお茶の水 電話 03-3294-0600 

ボーカリストの方はもちろん、プレゼンやお仕事で声を出す方、お話をする方、声や言葉のグレードアップをしませんか?

内容詳細につきましては、こちらのホームページよりご覧になれます。
宮地楽器MUSIC JOYお茶の水http://livedoor.blogcms.jp/img/cms2/blog/default/btn/preview-on.gif
a href="http://www.miyajimusic.com/school/mjocha/"


musashis9 at 09:30|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2010年05月22日

お気に入りです!

教えている時間や、レコーディングの時間以外はパソコンの前にいる時間の長い私ですが、
そんなときのお供が、お気に入りのお茶です。
その日の気分でいろいろ変えますが、中でもお気に入りなのが、
マンゴーティー。
これ、始めて飲んだのが、私の教えている俳優さんのM君が、お仕事で、マレーシアに行った時にお土産で買って来てくれたもの。
 香りも、味も、いっぺんで大好きになりました。

今、日本ではドライマンゴーや、マンゴーゼリーやいろいろありますけれど、マンゴーティー、なかなか見つけられない。。。
あちこちの紅茶売り場にいくと、必ずマンゴーティーがないか、チェックします 
見つけると、即買いです。

気のせいでも良いから、自分の気分をあげるもの、
元気のもと見つけておくと、
そんな小さなことで、気分がスッキリ元気になりますね。
お気に入りの曲もそうかな。。。。

皆様も、一度マンゴーティーをお試しあれ。。。。
 

musashis9 at 19:44|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2010年05月12日

声を使うプロの仕事

歌手の人だけではなく、俳優さんや声優さんも声を使う仕事。
そして、言葉を台詞として表現する仕事です。
 
私達は、実はけっこう曖昧な言葉の発音や話し方をしています。
”もごもご” 話したり、 ”ダラダラ”話したり、”ふにゃふにゃ” 話したり、いろいろです。。。。

普段、 友達同士や家族で話している時にはぜんぜん問題が無くても、
人前で話す、テレビや映画の中で台詞として話す、アニメの中でキャラクターになって話す時には、
そのままだとぜーんぜんダメ
何を言っているのか解らないとか、
声が小さいとか、
キャラクターが出ていないとか。。。。
監督に怒鳴られるハメになってしまう。。。 

それに、つっかえずに正しく台詞を言ってもそのままだと
「人に伝わらない言葉」 
に、なってしまうんです。
下手をすると、棒読み状態になってしまう。。。
(なぜ伝わらないかは。。。後日の日記で。。。)
 
俳優さんも発声の練習、
50音の言葉の発音、 
そして、滑舌(かつぜつ)
の練習が必要です。

去年、多くの主演映画で大ブレイクしたO君も、始めは本当に声が小さくて、とってもシャイな青年だったんですよ
彼も、レッスンを重ねた日々があるんです
 

musashis9 at 01:52|PermalinkComments(1)TrackBack(0)