フレンズー君の記憶のなかの僕

2011年05月29日

梅雨の雨

まあ!
なんと、今年はまだ5月だと言うのに、早々と梅雨になって仕舞いました
正直、悲しい。。。。
5月の、あの緑の輝きとピカーッとした日差し、もう少し味わいたかった

が、しかし、しかたが有りません。。。
ただ、もう一言。。。。梅雨に入るのが、例年より10日早かったから,と言って、
梅雨明けが、10日早く来るわけではないですよね。。。。
そこが
チと、悔しい。。。

まあ、
季節は変わるもの,進むものです。止められませんから、どうやって過ごすか
が、大切です。

さて、まず雨でもヘッチャラな、足もと、レインシューズを準備!
そして、差したくなるような、傘を買う!
もう一つ、雨の湿気で、爆発気味の髪の毛を、なんとかするグッツの用意!

これらで、憂鬱な気分を少し緩和。
木々の葉の生長を、毎日チェックすると、日に1㎝くらい、成長しているのが解ったり

でもね、けして雨が嫌いなワケではないんです。
雨は、見ているだけで、いろいろな風景や,温度、イマジネーションが湧くもの。
振り方や季節によって、いろいろな顔を見せてくれる。

雨って本当に凄い役者で,演出家です。

歌詞にも,だいぶ使わせて頂いております。。。”雨” さん

雨の日、もしも出かけないでお家にいたら、いえ、出先でも。
窓辺で雨をしばらく見ていて下さい。
普段、気がつかなかった記憶や風景,見えてきますよ。きっと。

梅雨の雨が,憂鬱に感じるのは、
何日も続くからですよね、、、。
それと、気温。
冷たい雨かと思えば、
次の日は、汗ばむようなムシムシとした雨。
べたつく湿気が、イヤですね。

で、私は考え方の角度を,変えることに。。。。
「あー、明日も雨かな?晴れないかな。。。」
と、思わずに。
「明日は雨だから,何着よう? 雨でも濡れない場所に買い物に行こう!」
と、雨続きな事を,認めてしまう
どうせ雨、降るに決まっている。。。と。

そうすると、万が一梅雨の晴れ間で、お天気がいいと。。。。
気分上がりますよ
徳した気分、倍増です

ただ、気をつけたいのは、そんな時に晴れると、この得した気分が上がりすぎて、
やたらと色々なことやちゃう。
掃除、窓ふき、洗濯、服の入れ替えや、庭の手入れ、
で、一日じゃ終わらなくて。。。。
やり残したまま、また雨の日々に戻ってしまう。
なんてことに。。。。
良くやる失敗です。

今年の梅雨は,気をつけようっと。



さて、お知らせです。
 先日より,このブログでもお知らせしてた下記の講座に、追加で新しいクラスが増えます。
 ステップ1は19時半~21時のクラスにもお申し込み頂けることになりました。
 詳しくは、宮地楽器MUSIC JOY神田 まで,お問い合わせ下さい。

☆3日間集中講座!『腹式呼吸と正しい発声』

が、宮地楽器MUSIC JOY神田 で開催されることになりました。

今回は前回参加された方を対象に、ステップ2のコースも開設されています。
もちろん、もう一度ステップ1を受講され、しっかりと基礎を身につけることも可
ですよ

お申し込み、詳しい詳細下記にお問い合わせ下さい。
宮地楽器MUSIC JOY神田









musashis9 at 02:24|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2011年03月02日

卒業シーズンになりました。

春一番も吹き、さあ季節は上向きに
と、思ったら、雪がちらついたりのこの頃です。。。。

春と言えばイベントシーズン。
卒業、入学、新生活、涙と笑顔の季節。別れと出会いの季節です

早いところではもう卒業式が行なわれています。
本日は、その卒業に関係する曲をご紹介
昨年春にリリースされた曲ですが、

牛島隆太くんの「フレンズー君の記憶のなかの僕ー

この曲は、「卒業」を、テーマにした曲です。
牛島隆太くん自信も、昨年春に中学を卒業を迎えていました。
この曲の歌詞を書く時に、このテーマは決められていました。
歌詞と言うのは、入れられる言葉の数が決まっています。
たくさーん言いたいことや伝えたいことがあっても、
決まったメロディーの中に決まった言葉数を入れて行かなければなりません。

いい足りないことや、説明出来ないことがいっぱいある中で、
歌詞になる言葉を選んで作って行く。
これ、なかなか集中力と、想像力が必要な作業です。
何日も、悩んで苦労することもあります。
「後、二小節なんだけど、どうもうまく行かない。。。
なんて、良くあります。
それはさておいて。。。。

この、「フレンズー君の記憶のなかの僕ー」の歌詞を書く時に、
私には、ひとつ決めたことがありました。
それは、「卒業」がテーマな曲だけれど、
”さくら” ”春” ”卒業” と言う黄金の3ワードの言葉を使わない
と言うこと。
実は、卒業をテーマにした曲には、”さくら” ”春” ”卒業” が本当に良く出てくる。
だから、たとえ卒業という言葉がなくても、”さくら” だけで、なんだか卒業ソングっぽいイメージが
湧いて来る。。。。
印象って不思議なもの


で、私はあえてこの3つの言葉をけして使わないで、書くと思ったら。。。
なかなか難しかったことも事実。。。

そして、もう一つテーマを決めました。
「ありがとう」です。

日々の中で、今がたとえ、淋しくても、悲しくても、辛くても、
”ありがとう”と言えることがある。
”ありがとう” と言える日々が有る。
”ありがとう”と言える人がいる。

そのことを思い出して気付けば、少し気持ちも上向きに元気がでるのでは?

この曲は”卒業”がテーマでもあり、”ありがとう”がテーマでもあり、
さらに、フレンズ、”友達” がテーマでもある曲です。

歌詞はこちらで
http://www.uta-net.com/user/phplib/Link.php?ID=89559




















musashis9 at 22:34|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2010年07月24日

嬉しいこと

先日、ちょっと嬉しいことが有りました。
以前からこのブログにもちょくちょく登場している、牛島隆太くん。

私は彼のボーカルレッスンと、デビュー曲のレコーディングのボーカルディレクションをしました。
そして、そのデビュー曲の「フレンズー君の記憶のなかの僕ー」の作詞もしました。

お聞きになられたことはありますか?
3月3日にデビューした彼は若干15歳。でも、われわれ制作者側も自信を持って
皆さんにお届けできる歌唱力です。(だれですか?私のレッスンが厳しいからって言ってるの



実は、そのCDの中に合唱バージョンをいれました。
合唱アレンジも私がさせていただき、横浜の緑ケ丘中学の皆さんに歌っていただきました。


隆太くんのソロバージョンとは、また別の感動が有る出来上がりになりました。
その後、緑ケ丘中学の皆さんがこの曲を演奏会などで歌ってくださり、それを聴いた他の中学校の方から先日、「是非、歌いたいので合唱譜面を下さい。」というお問い合わせを頂きました。

実は、中学の頃私も合唱部だったんです。
でも、ちょっとジャンルの違う音楽の仕事をするようになって、合唱とは離れていました。
だから、久しぶりの合唱のレコーディングは、なんだか少し懐かしく嬉しいものでした。

これからもたくさんの学校で、
「フレンズー君の記憶のなかの僕ー」が、歌いつがれてゆくといいなあ




USTボイトレ体験レッスンオリジナル課題曲は、
7月24日の記事 ”USTユーストリームボイトレ体験レッスン!” で聞くことが出来ます。


配信は8月3日、20時半~22時まで(予定)です。
 当日下記チャンネルにアクセスしてみてください!
 http://www.ustream.tv/channel/saitoclub

そして、ももっともっと、声だけではなく自己表現に興味がある方は、
是非、8月22日のワークショップにご参加下さいませ

ワークショップのお知らせ。
歌う声や話す声、歌う言葉や話す言葉、そして歌の表現や言葉の表現について、
体験しながら、憶えていく
「ボイスエクスプレッション」のワークショップを
8月22日、”宮地楽器MUSIC JOYお茶の水”におきまして
開催いたします。是非ご参加下さい。
お申し込みは、こちらまで、
ネットからのお申し込みが出来るようになりました!!

・宮地楽器MUSIC JOYお茶の水 電話 03-3294-0600 
・ネットからのお申し込み https://www.miyajimusic.com/form/PCForm.php?a=34&j=FJ_vex&c=20100821

ボーカリストの方はもちろん、プレゼンやお仕事で声を出す方、お話をする方、声や言葉のグレードアップをしませんか?

内容詳細につきましては、こちらのホームページよりご覧になれます。
宮地楽器MUSIC JOYお茶の水
a href="http://www.miyajimusic.com/school/mjocha/"



musashis9 at 20:42|PermalinkComments(1)TrackBack(0)