岡田将生

2013年06月09日

プロセス

思うだけじゃ伝わらない
願うだけじゃ叶えられない
言葉だけじゃ進まない
信じるだけじゃ頼りない
見える物が全てじゃない
見えない形は分からない
同じ話はつまらない
繰り返すばかりじゃときめかない

と、日常でも毎日悩みは多いもの。。。


思いが伝わるはず、分かるはず
って思っていても、本当は伝わらないこと、分からないことが多いもの。。。
仲の良い友達や恋人や肉親でもでもです。


表現を表すことが大事な仕事のひとつである私。
自分の思いや考えイメージや夢、
感情や感想を、ストーリや−ドラマ、言葉や詩、音楽という形にかえて
回りや相手に伝えるために、考え悩んだり、、、、。
そんな日々だけれど

そのプロセスが、本当に大事
ここをショートカットはできません。
悶々と試行錯誤、思考が行ったり来たりしながら、
本当の気持ちや表現したいことがまとまったり、
方向性に気がついて行くし決心もつくものなんですよ
そして、それをどう表現すれば伝えられるか?
私にはそこが、一番大事なこと

さて、では、またまたそんな世界に入り込みます

空写真 1-3






「腹式呼吸と正しい発声講座」開催です

今回は2日間続けての2回講座の開催です。、


日時:7月13日(土)・14日(日)の2日間
   13日18時〜20時
   14日14時〜16時

場所:宮地楽器MUSIC JOY神田

受講費:30.000円(2日間で)

☆2日間の講座となりますが、以前この講座を受講されたことのある方は、
 どちらか一日のみでも、受講可です。

お問い合わせ、お申し込みは下記サイトから
http://www.miyajimusic.com/school/kanda/detail.php?a=1&tpno=11




musashis9 at 00:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年05月22日

腹式呼吸と正しい発声講座・2日間集中講座です!

お待たせしました!
なんとなんと今年始めての、
「腹式呼吸と正しい発声講座」開催です

しかも、まだちょっと先。。。。
7月の開催ですが、今回は2日間続けての2回講座の開催ですので、
早めにお知らせしちゃいます

日時:7月13日(土)・14日(日)の2日間
   13日18時〜20時
   14日14時〜16時

場所:宮地楽器MUSIC JOY神田

受講費:30.000円(2日間で)

☆2日間の講座となりますが、以前この講座を受講されたことのある方は、
 どちらか一日のみでも、受講可です。

お問い合わせ、お申し込みは下記サイトから
http://www.miyajimusic.com/school/kanda/detail.php?a=1&tpno=11

呼吸・姿勢・発声・基本の言葉の発音などなど、
プロの方達でも、解っていてもきちんと習得出来ていなかったり、
いつの間にか変なクセが付いていたり、正しく身体が覚えていなかったり。。。
と言う、意外と難しい腹式呼吸。
そして、何のために腹式呼吸を必要としているのか?
を知らずにいたりと、いままでなんとなく見過ごしてきた基本を
この機会に、是非見直してみませんか?
声を使うプロの方はもちろん、それ以外のみなさんにも是非覚えて頂きたい内容です。
呼吸や姿勢を無理なく正しく習得することは、自分に負担をかけないだけではなく、
見た目にも、グンと変わる
そんな、効果があるんですよ

☆以前受講されて、忘れちゃった方、もう一度確認をしたい方も、どうぞ


musashis9 at 19:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年05月21日

声だけでもないし。。。

歌の上手さって、何でしょうね。

声が出ること?
声が大きく声量があること?
リズム感やビートが良いこと?
音程が良いこと?
声が綺麗なこと?
声の音色が良いこと?

もちろん、ぜ〜んぶ関係がありますよね。
これらを全部クリアすることはそう簡単な事ではないかも。。。
ですが、
でも、まだこれでは
「歌が歌える」
と言うレベル。。

「歌の上手さ」
となると、やはりもう一つレベルが↑。
最初に並べたことに加えて、
もう一つ大切なのが、聞いている側に
「どれだけ歌からの想像やイメージをさせることができるか?」
と言う事だと私は思っています

歌を歌うと言う表現のパフォーマンス。
この曲の世界と言葉を表現することと、これを伝える力。
この力が、歌の上手さに繋がります。

これは、声が良く出るとか、
良い声、綺麗な声、というものとはちょっと違う話。

声をベストの状態にすることは大切、そして、
音程やリズムを正しく歌う事も、もちろん無視してはいけないこと。
でも、それだけでは上手な歌い手、いい歌を歌う歌い手には
まだ、届いていません。

う〜ん。奥が深いぞ



musashis9 at 14:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年05月12日

歌のお話。”Aメロ”

歌物の楽曲の構成は、多くの場合イントロのあと、Aメロと通称言っている、
曲のプロローグのメロディーがあり、
その次にBメロと呼ばれるサビへのブリッジの役割をするメロディー。
そして、
その曲の一番盛り上がる部分のテーマのメロディーCメロのサビの部分。
と言う作られ方がされています。
進行としては、
1番ーAーA'ーBーC、2番ーA'ーBーCーC'
もしくは、大サビと呼んだりす、Dメロが加わる
1番AーA'ーBーC、2番A’−BーCーD−A
また、前サビのパターン。
1番CメローAメローBメローCメロー2番Aメロ
などか、多いパターンですが、
この、A,B,Cと言っているのは、音楽用語ではありませんが、
進行を示す記号表示として使われています。

前置きが長くなっちゃいましたが、
歌を歌う人で、よくサビのメロディーばかりを練習する人がいます。
”サビが命!”って感じで。
もちろん、聞いている人だって印象に残って、一番最初に聞き覚えるのは、
サビのメロディーですね。
でもね、
実は同じくらいに重要なのが、
Aメロ
とくに歌の歌い出しのAメロの8小節ですよ
この歌の出だしで、その人の歌、その曲を聞く気にさせる。
興味を持ってもらい、その曲に聞き耳を持たせて、歌を聞くことに集中して貰う役割があるんです。
その歌や曲に心を向かせて貰う。
そうすると、その後に歌うサビの部分の歌やメロディーがいっそう生きて、
サビの印象と効果がいっそう出るんです。

じゃあ、Aメロを上手に歌うにはどうしたら良いか?
もちろん、秘訣やコツはいろいろ有ります。
その歌い手さんの、声の質や音色、キャラクターや個性によっても違いますが、
まず、大事なことは、
音程の確かさと、言葉の表現力です。
Aメロの音程の確かさ、というのは実はみんなが見過ごしているところ。
普通、あまり高い音程や音符が3度5度と言った離れたメロディーラインになっていない事が多いので、Aメロの音程ラインを意識しないで歌ってしまうことが多いのです。
でも、曲の出だしのメロディーである、この中低音域のメロディーラインをきちんと捕らえることは、
とっても大事
もしも、心当たりのあるかたは、
今日から、ちょっと練習方法を見直して、
Aメロ、大事にしてみて下さい。
そして、Aメロをどう歌うかで、
その人の個性や表現力を表すことが出来ます。

大事だぞ
奥が深いぞ
個性の表しどころ、
上手さ、表現力の見せどころ、
それが、Aメロです











musashis9 at 05:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年05月02日

さくら咲く(やっと・・・)

今年は、天候が変。。。って、
なんだか毎年言っているような気がしますけれど
今年は本当に寒い春
初夏のような気温になった次の日に、急に冬のような寒さ
今日は、北海道では雪が降ったと。。。。
5月なのに、ウチの辺りの山にも雪が残っていますw.

雪山写真-91


さて、GWの真ん中ですが、私の住む場所でも、
やっと、やっと、桜がほぼ満開になりました
桜1写真-89

でも、お花見には寒ーい

桜2写真-90










皆様、この気温差で、体調など崩さないように気をつけて下さいね

musashis9 at 21:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年04月28日

電子書籍化

今日はお知らせです。
以前出版された、私の著書「声と言葉の表現力アップ術」が、この度、電子書籍で
発売されました。

まずは、学びの電子書店”自己gaku"サイトで発売です。http://jikogaku.jp/contents/CT_koetokotob_001_0001-0

この後、順次GooglePlay、一ヶ月ほど後になりますが、楽天Kobo 
AmazonKindle のサイトでも発売になります。
PCや、iPad,携帯を持ち歩けば、これからは何処でも読むことができます。
インデックスも、一覧の画像で見ることも出来て、電子書籍って便利
って、私も感動しました
実は、電子書籍、私もいままで利用したことが無かったんですよ。
今回、自分の本で利用してみて、今頃、
「これ、良いかも便利じゃない
なんて、気がついたと言う。。。。


この本は、声や言葉の表現だけではなく、呼吸や姿勢、
自己アピールの方法までレクチャーしてありますから、
声や言葉に関わる方はもちろん、
そうでない方も、日常のコミュニケーションとして
必要不可欠な言葉や声の表現について、是非見直し見て下さいね。

是非お役に立てて下さいませ!!

GooglePlayや楽天Kobo、AmazonKindleなどのサイトで
発売が開始しましたら、また告知させて頂きますね







musashis9 at 00:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年04月16日

さいたまスーパーアリーナ

4月、なにもかも、スタートするこの時期
空気も、街の彩りも、
自然の色も、人々の表情も、
なんだかキラキラしているこの時期

浜崎あゆみさんの今年のツアーも
4月13日さいたまスーパーアリーナから、スタートしました。
今年は、デビュー15周年。
今までの軌跡、そしてこれからの新しい奇跡を刻むための
区切りのライブ

あゆちゃん始め、メンバースタッフとも、
本当に何日間も不眠不休で、作り上げたライブ。
側で、関わらせて頂き、
本当に皆さんの頑張りには、敬服しました。
あゆちゃん、本当にほとんど眠る時間もないのに、
なんであんなに輝いて頑張れるのか?
凄いです


そしてこのツアー、きっと今後もどんどん進化し続けて行くことと思います
楽しみ楽しみ

ライブを終えて、久々に蓼科の自宅に戻ったら、
ほらっ!春がやっと来ていました。
ふきのとう、です。
さっと湯がいて、食べると、苦みが美味しい春の香りですよ

ふき写真-86

更新しました!
☆こちらは新しいブログです。
”言葉の表現” と言う物をメインテーマに
詩や、エッセイ、ショートストーリー、コラムなどを中心に
思いのまま、想像のまま綴って行きます。
新しいブログのほうにも、是非お訪ね下さいませ

タイトル
「つんつんテンテンほろほろ」
http://blog.livedoor.jp/musashis9-poem/


musashis9 at 19:35|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2013年04月10日

春、いらっしゃい!

ちょっとご無沙汰していました!
寒ーい
って、叫んでいるうちに、あっと言う間に春が来て、
桜もあっと言う間に満開

お花見しましたか?
でもね、突然気温が下がったりで、
油断出来ないこの頃。。。。


それに、私は花粉症との戦いがあるので、
あんまり、のんびり春の風に吹かれていられない(グスン。。。)

くしゃみ、鼻水、目は真っ赤、頭も痛いし、、、
一番困るのは、喉の違和感と、喉の痛み。。。。。
デス。
これは、本当に毎年悩みです
職業柄、喉のトラブルは一番やっかい
花粉アレルギーの症状は、喉の痛みや耳まで痒くなる事がありますからね
要注意ですよ
毎日、頑張っています。

春は、言葉の響きだけでもなんだか前に進展して行けそうな気がしてくるから
不思議ですね。

さて、大事なライブも始動します。
花粉に負けずにグングン行きます

それにしても、ウチのこの猫のムサシ。。。
本当に気持ちよさそうに寝てるわ
春は、なんだか眠いものね。。。。
昼寝 写真-84




musashis9 at 02:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年03月31日

言葉の発音

先日,FBに投稿した記事ですが、
このブログにも載せておきたいと思います。

言葉の発音と表現のワークショップを年に何回か開催していますが、
アナウンサーや俳優さん達のように、自分の仕事に直結して必要だと感じている人はもちろん、学校の先生など、とくに国語の先生などには、指導者として子供達の前に立つ前に、一度は日本語の発音に触れて欲しいと感じています。
教職課程でも言葉の発音については学ぶ機会が無く、例えば子供達へ発音の指導が必要になる、ろう学校の発音指導の先生達ですら、音から学ぶ日本語の発音を習得される機会が無いのです。
先生達は独学で言語学の書籍などから発音の仕方を学びますが、実際にどんな音(おん)として発しているのか?
そして、それが正しいのか?人にはどんな音(おん)で聞こえているのか?
それらを学び習得する機会がありません。

例えば何かに録音をして、
自分の音を聞いてみる、と言うこともとても重要なトレーニングです。
自分の発している音を客観的に判断する必要があるからです。

発音が悪いと、滑舌が悪くなり、いわゆる
「言葉の通りが悪い」
と、言うことになります。
言葉の通りが悪いと、子供達には伝わらず、
その分大声を出さなければならなくなり、先生達は声を痛める。。。。
そして、やたらと大きな声でばかり話されると、
子供達はかえって
「聞き取る」「聞こうとする」と言う、注意力が欠如して、聞き流してしまう。
と言う悪循環です。

ただ、勘違いしてはいけないのは、話し方講座によくある 「綺麗に話すため」と言うのとはちょっと違うということ。
ただ、綺麗に流暢に耳障り良く話しただけでは、
コミュニケーション力としての言葉の力が十分に発揮されません。
言葉は、特に話し言葉は、伝える力を持たなければいけません。


聞こえるように、伝わるように話すために、
そして、話しているその人の気持ちや考えがしっかり表されるように、と言う事がとても大事。
まず、”正しく言う”と言うことが大前提のプロのアナウンサーさんなどでなければ、
キャラクターや話し方はそれぞれで良いのです。
ただ、その個性やキャラクターをしっかり表現するためには、まず、
「何を言っているのか?」が、解らなければいけないんです。

言葉の音(おん)の粒を揃えて、単語にするそして単語の意味を考えて言葉のフレーズにする。
それで、言いたいことを伝えられる言葉や会話になっていきます。

回り道のようですが、言葉の発音、少し気にしてみてもよいのでは?
そこから、色々なコミュニケーション手段や自己アピールの広がりが見えてくると思います。

musashis9 at 19:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年03月29日

桜の季節のワークショップ

今年の冬は寒ーい
なんて言っていたら、
急に春が来てしまい、都心は桜が満開
桜写真-79

入学式ではなく、卒業式にバッチリのタイミングになりましたね。

さて、今年初のワークショップ。
言葉の発音と表現のワークショップでした。
毎回そうなのですが、
本当に様々な方達が参加して下さいます。
歌手志望の方、アナウンサーやナレーターでお仕事をされている方、学校の先生、などなど、
みんな目的や必要があっての参加、と言う事で本当に真剣に取り組んでいただきました。
ワークショップ写真-77
ね、真剣な様子でしょう

今回は特に、おひとりおひとりチェックしながらのワークショップでしたから、
3時間が、アッと言う間でしたが、
楽しく、でもしっかりと色々な事を憶えて頂きました

言葉の発音は、思っていたよりもやってみると
”難しい
と、四苦八苦されていました。
でも、言葉の明瞭さや滑舌はもちろん、
伝わる言葉を話すため、とっても大事ですからね
これからも、続けて下さいませ。

それに、
それだけじゃない

表情筋をしっかり使って話す事で、表情が豊かで、
顎のラインもスッキリ
ですよ。
それだけで、綺麗オーラが違うでしょう

最後は、みんな良い笑顔でした

ワークショップ2写真-78






musashis9 at 20:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0)